和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2019年06月25日(火)

“カッパの赤ちゃん”に“動物人間”、造形作家が目指す「日常との違和感」

動く”ハシビロコウ”。アフリカに生息する生き物で、動物園では彫刻のように”ほとんど動かない”姿が人気
動く”ハシビロコウ”。アフリカに生息する生き物で、動物園では彫刻のように”ほとんど動かない”姿が人気
 小さいころから"見たことがない生き物に出会う"ことに強い憧れがあるという、かものはし(@kamonohashiz)さん。リアルな生き物の被り物と人間・自然を融合させた写真は独自の世界観を発揮しており、アジア圏だけでなくNYからも特注を受けている。「ただ作品を作るだけでなく、空間自体を演出したい」と語る、かものはしさんのこだわりを聞いた。

まるで生きてる?”カッパの赤ちゃん”…不思議な生き物作品集

■“架空の生物を作りたい”夢を追いかけ、ゼロからのスタート

――造形の仕事を始められたきっかけは何だったのでしょうか。
【かものはしさん】もともとは一般の会社に勤めていたのですが、あまり週末が充実しているタイプではなかったので、「せめてワクワクできる仕事をしよう!」と転職を決意したときに、テレビCMなどの特殊造形を手がける会社の求人を見つけて「これだ!」と思ったのがきっかけです。当時は知識も経験もない未知の業界でしたが、ありがたいことに雇って頂きそこで経験を積みました。

――一念発起ですね。“かものはし”さんのお名前に込められた思いは何なのでしょうか。
【かものはしさん】かものはしは哺乳類なのにくちばしがあって、卵を産み、毒も持っているという不思議な動物です。私は幼い頃から、何かしらの方法で架空の生き物をつくりたいという願望があったのですが、かものはしは実在する生き物なのに架空の生き物のような特徴をもっていて、自分の活動における象徴のような存在だと思い名前を借りました。

――なぜ人間ではなく動物を作られているのでしょうか。
【かものはしさん】単純に動物好きというのもありますが、私が何かをつくる根源にある思いが、作品ではなく“生き物そのものをつくりたい”、理想を言えば“生命を新たに誕生させたい”というものなので、そもそも作品づくりのモチーフとして生き物を選んでいるという意識があまりありません。なので、自分の活動として人間をつくることはないだろうなと思います。もし作る場合は、人間に近い存在の何か、になる気がします。もちろん依頼があったり、息抜きなどではつくることもあると思いますが。

 被り物のほかにも、“架空の生物・いそうでいない生物”などをテーマにした造形物も制作しているかものはしさん。カッパの赤ちゃんやタツノオトシゴに似た“ツチノオトシゴ”、“スズメバチの頭骨”などを投稿しているSNSには世界中からコメントが寄せられている。

――“いそうでいない生物”はどのようにデザインされていますでしょうか。
【かものはしさん】いろいろなところからアイディアを得ています。実際の生き物からだったり、生息地を基準に考えてみたり、壁の模様の形だったり、割れた岩の形だったり、人工物だったり、夢に出てきたり、などなど…。大事にしていること、実際に存在していそうなデザインであることです。何も知らずに観た人が、本当にいる生き物だと思ってくれたら嬉しいですね。なので、映画に出てくるクリーチャーのように、誇張しすぎてキャラクターっぽくならないよう気をつけています。

――人と動物を融合させているのにはどんな思いがありますでしょうか。
【かものはしさん】架空の生き物をつくることと根本の部分では繋がっている気がしますが、本来ありえない存在のものが自然と馴染んでそこにいる、という状況が好きなんだと思います。日常の風景に顔だけが動物の人がいる、という滑稽さがなんとも言えず好きです。これが例えば着ぐるみだったり、手まで動物のようだと途端にキャラクターになってしまって非日常になってしまう気がします。その絶妙なラインが動物のかぶりものなのかなと思っています。

■「夢は架空動物園を作ること」原点はライオン夫婦

――題材選びはどのようにされているのですか。
【かものはしさん】動物のかぶりものの場合は、人が被った時に見栄えのする動物をイメージして選んでいます。狼やライオンは割とよく見られるモチーフなので見慣れた感じがしますが、アフリカに生息する大型の鳥、ハシビロコウなどは他にあまりないので驚いてもらえます。

――リアルな動物の骨格や毛並み、何を参考に作られていますでしょうか。
【かものはしさん】本当はできるだけ実物を見たいのですが、実際はネットで資料を集めることが多いです。そのかわり、一体の動物を作るだけでも出来るだけ沢山の角度、個体の写真を集めます。画像だけだと立体感がいまいち分からなかったりするので、動画もよく参考にしています。

――1体にかける時間と販売価格はどのくらいでしょうか。
【かものはしさん】動物のかぶりものの場合、約1~3ヶ月で、以前制作して型があるものは25万円くらいからお受けしています。

――どんな方からの注文が多いでしょうか。
【かものはしさん】個人の方が多いです。本当に一般の方が、頑張って貯めたお金やボーナスでオーダーしてくださったりするのですごく嬉しいです。かぶりものを被ってお店をされたり、動画活動を始めるためだったりと、今の時代ならではの理由でオーダーされる方も多く、いつも刺激をもらっています。

――お気に入りの作品を教えてください。
【かものはしさん】思い入れがあるのは初めて作ったライオン夫妻ですね。かものはしとして世に出る最初の作品だったので、とにかくインパクトのあるものを作ろうと必死でした。苦しい時期を共に乗り越えた戦友のような気持ちもあります。不思議な生き物の中では、観葉ドラゴンがお気に入りです。植木鉢に入れて、植物と共に育つようなイメージでデザインしました。まだ赤ちゃんなので、これから大きく育っていってほしいという期待も込めています。

――今後の目標はありますでしょうか。
【かものはしさん】環境に馴染む存在をつくることを大切にしているので、ただ作品をポンっとつくって展示するのではなく空間自体の演出もしていきたいなと思っています。当面の目標は“架空の生き物”の個展ですね。動物園の生態展示のようなスタイルでやりたいです。そしていつか、テーマパークのような、特殊造形で作った架空の生き物たちが見られる「架空動物園」を作るのが夢です。



【写真】でかっ…!自然に溶け込む“スズメバチの頭蓋骨”がリアルすぎる
【写真】植木鉢に埋もれる“観葉ドラゴン”の赤ちゃんが可愛い
【写真】見だしたら止まらない…「エビフライ猫」「アザラシ犬」「幽体猫」など”キモかわ動物”フィギュア大集合
【写真】フォロワー54万超、もふもふプードルと孫の可愛すぎる日常フォト集
【写真】「上司が犬なんです」花園の管理職“ワンコ”に癒される人続出
提供:oricon news