和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2021年04月12日(月)

東陽中合唱部が金賞 県アンサンブルコンテスト

金賞を受賞した東陽中学校合唱部
金賞を受賞した東陽中学校合唱部
 第7回和歌山県ヴォーカルアンサンブルコンテスト(県合唱連盟主催)が11日、和歌山市であり、紀南で唯一出場した田辺市の東陽中学校合唱部が金賞を受賞した。


 中学校5、高校2、一般1の計8団体出場し、金・銀・銅賞のいずれかを受賞した。金賞を受賞した4団体のうち、紀北の2団体が全国大会に推薦された。

 東陽中は1、2年生11人が出場し、前向きで明るい曲「夕焼け」とラテン語の聖歌「Ave Regina Coelorum(アヴェ レギーナ チェロールム)」の2曲を歌った。

 新型コロナウイルスの影響で合唱コンクールが相次いで中止となったため、東陽中が本年度に出場した大会はこれで2大会目。3年生が引退してからは初めてとなった。

 部長の後希歩さん(2年)は「このメンバーになって初めてのコンクール。金賞受賞で良いスタートが切れたと思う」、副部長の藤田知里さん(2年)は「本番は皆緊張していた。今後の課題は声量を上げること」と話した。

 東陽中は同コンテストに毎年出場しており、3年前は全国大会にも進出した。