和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2019年06月25日(火)

上富田の藪内さん技術優秀賞 全国柔道高段者大会

全国柔道高段者大会で技術優秀賞を受賞した藪内敏秀さん
全国柔道高段者大会で技術優秀賞を受賞した藪内敏秀さん
 全国柔道高段者大会(講道館主催)がこのほど東京都の講道館であり、県庁柔道部所属で6段の藪内敏秀さん(56)=上富田町朝来=が技術優秀賞を受賞した。

 大会には5~8段の高段者約1400人が参加。各段に分かれて2人一組で3分間の試合をし、礼法や所作、技術などが審査された。6段の参加者518人の中で技術優秀賞を受賞したのは藪内さんを含めて20人。

 藪内さんは試合で上四方固めを決め、一本勝ちした。2年前のマスターズの大会で膝の全十字靱帯(じんたい)を痛め、復帰したばかり。4回目の高段者大会への挑戦で初めて難関を突破した。

 藪内さんは柔道のA指導員の資格を取得し、県内各地で小中学生や高校生に柔道を教えている。柔道の昇段試験や指導員講習会で指導や運営に携わるなど県内の柔道普及に貢献している。「寝技で技術優秀賞を受賞するのは珍しい。こつこつと取り組んだ結果だと思う。(練習を指導している)子どもたちにも力をもらった。今後も受賞を弾みにして精進していきたい」と話している。