和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2021年02月28日(日)

田辺管内の60代俳優重症 和歌山県、19人の感染発表

和歌山県庁
和歌山県庁
 和歌山県は19日、田辺保健所管内在住の60代俳優男性ら19人が新型コロナウイルスに感染したことが分かったと発表した。俳優は重症。

 保健所管内別の感染者数は和歌山市10人、湯浅3人、橋本2人、田辺、海南、岩出が各1人、大阪府が1人。

 俳優は15日に全身倦怠感を発症し、16日に40度の熱やせきが出た。集中治療室で酸素投与を受けているという。7日まで数日間仕事で京都府に滞在し、9~11日は愛知県や三重県を旅行した。親族ら6人を検査する。

 クラスター(感染者集団)になっている和歌山市の住宅型有料老人ホーム「シルバーハイム新在家」では新たに、職員4人の感染が分かった。これでクラスターは12人となった。

 橋本保健所管内の高齢者福祉施設に入所する80代無職女性の感染も分かった。入所者ら施設関係の45人を検査する。