和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2019年11月14日(木)

駐日ナミビア大使が上富田町へ ラグビーW杯でキャンプ地視察

モーヴェン・マスソ・ルスウェニョ駐日特命全権大使(中央)の歓迎セレモニーで集合する参加者=9日、和歌山県上富田町朝来で
モーヴェン・マスソ・ルスウェニョ駐日特命全権大使(中央)の歓迎セレモニーで集合する参加者=9日、和歌山県上富田町朝来で
 9月から国内で開かれるラグビーワールドカップ(W杯)にアフリカ地区代表チームとして出場するナミビア共和国のモーヴェン・マスソ・ルスウェニョ駐日特命全権大使(58)が8、9日、代表チームの公認キャンプ地となっている和歌山県上富田町を視察し、地元の歓迎を受けた。

 9日、上富田町朝来の上富田スポーツセンターで歓迎セレモニーがあり、町や県の関係者、地元ラグビースクール、熊野高校ラグビー部ら約200人が参加した。

 奥田町長は「ラグビーW杯でナミビア共和国代表選手が日本国内で最初に訪れるのが上富田町。地域を挙げておもてなしすることを誓います」とあいさつ。大使は「(昨日から)私の第二の故郷と呼ばせてもらっている。緑に囲まれた素晴らしい環境で選手たちがキャンプをするのを心待ちにしている」と述べた。

 大使の来県を呼び掛けた二階俊博自民党幹事長は「私たちの自慢の町である上富田に外国の大使が訪問されるのは大変光栄なこと。このご縁を機に国際交流を深めてもらいたい」などと語った。