和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2021年04月12日(月)

田辺管内の幼稚園でクラスター 和歌山県、新規感染は15人

田辺保健所が入る和歌山県西牟婁総合庁舎
田辺保健所が入る和歌山県西牟婁総合庁舎
 和歌山県は29日、県内で15人が新型コロナウイルスに感染したことが分かったと発表した。上富田町の岩田幼稚園では園児1人を含む計6人の感染が新たに判明し、県は7人のクラスター(感染者集団)と認定した。

 保健所管内別は田辺が7人、和歌山市が6人、岩出が2人。

 県によると、田辺管内在住の50代園長女性の感染が26日に判明したのを受け、園全員の職員16人、園児135人を検査している。

 これまでに、いずれも田辺管内在住の20~60代の職員男女と、幼稚園を運営する法人の80代役員女性、男児の感染が分かった。県は、一部にマスクを着けずに会話した人がいたことが感染拡大につながったとみている。園は28日から休園している。

 役員女性が関係する田辺管内の高齢者施設についても調べる。

 このほか、田辺管内では、園長の同居家族で50代パート職員女性の感染も分かった。