和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2021年04月12日(月)

「ステージ3」を打ち消し コロナ感染で和歌山県知事

和歌山県庁
和歌山県庁
 和歌山県の仁坂吉伸知事は2日に開いた定例記者会見で、1月26日の会見で県内の新型コロナウイルスの感染状況を「ステージ3」(感染急増段階)と総括的に判断したと受け取られかねない発言をしたとして「言い方が不十分で、誤解を与えた」と陳謝した。

 知事は26日、県内の感染状況についての質問に答え、24日時点でいくつかの指標が国の分科会が示す「ステージ3」の基準を上回っていることを示し「一言でいうと『ステージ3』だ」などと発言していた。

 2日の記者会見では「緊急事態宣言を発出されているような都道府県は、総括的な判断をした上で要請している。(和歌山県では)そういう事態にはなっていなかったが、(1月26日の会見では)言い方が悪かった。申し訳ない」と述べた。

 県はその後、1月27日時点で「総じてステージ2(感染漸増段階)」にあると発表している。