和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2021年04月12日(月)

年末年始の観光客過去最少 和歌山県、コロナ禍で激減

年末年始の和歌山県内観光客数と前年度比
年末年始の和歌山県内観光客数と前年度比
 和歌山県内主要観光地(7カ所)の年末年始(12月30日~1月3日)の観光客数は、65万180人で、過去最多だった前年度の半数以下となった。新型コロナウイルスの影響によるもので、記録が残るここ30年で最少。田辺市本宮町では前年度の8割減と落ち込んだ。

 県が田辺市龍神村、同市本宮町、白浜町、串本町、那智勝浦町、和歌山市、高野町を調べ、発表した。過去にない規模の落ち込みで、新型コロナの第3波の流行による旅行自粛に加え「Go To トラベル」が12月下旬に停止となった影響が大きいという。

 日帰り客は59万4060人で前年度比73万7650人(55・4%)減、宿泊客は5万6120人で4万8450人(46・3%)減。日帰り客と宿泊客の総数は、78万6100人(54・7%)減った。

 記録が残る1991年度以降でみると、総数は91年度の66万9500人を、宿泊客も2011年度の9万8440人を下回り、過去最少となった。日帰り客は最少ではないが、少ない方だという。

 総数は近年、増加傾向にあり、20年度は143万6280人と初めて140万人を超えた。日帰り客も過去最多の133万1710人で、宿泊客も10万4570人と3年連続増加していた。

■ 田辺市本宮町は8割減

 観光地別でも、全7カ所とも大幅に減少した。特に落ち込みが大きかったのは田辺市本宮町。総数は9万8890人で、前年度の49万7840人より39万8950人(80・1%)少なかった。9万6360人で39万7340人(80・5%)減った日帰り客の影響が大きかった。宿泊客は2530人で1610人(38・9%)減。

 次に那智勝浦町で減少率が高かった。総数は5万8700人で、前年度比9万7700人(62・5%)減。宿泊客も大きく減少したが、日帰り客減の影響が大きかった。

 県は「Go To トラベル」停止による予約キャンセルのほか、田辺市本宮町では熊野本宮大社、那智勝浦町では熊野那智大社が分散参拝を呼び掛けたことも影響したとみている。

 串本町は1万8710人で2万1360人(53・3%)減。日帰り客、宿泊客とも半分以下になった。白浜町は4万7800人で3万3900人(41・5%)減った。日帰り客より宿泊客の減少が目立った。

 和歌山市は40万3千人で22万700人(35・4%)減、高野町は1万5940人で5190人(24・6%)減となった。