和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2021年04月17日(土)

Tanlaの通信プラットフォームへの継続的投資が優れた第3四半期決算を実現

AsiaNet 87972 (0294)

【ハイデラバード(インド)2021年2月7日PR Newswire=共同通信JBN】Tanla Platforms Limitedは7日、2020年12月31日終了の四半期決算を前年同期と比較して発表した。

▽主要な指標
収益は21%増の65億4100万ルピーで、EBITDA(利払い前・税引き前・減価償却前利益)は対前年比99%増の12億6900万ルピーだった。

純利益は前年の700万ルピーから9億3500万ルピーになった。

キャッシュおよびキャッシュ相当物は前年の20億4800万ルピーから上昇して44億9300万ルピーとなり、1株当たり利益は前年の0.05ルピーから上昇して6.87ルピーとなった。

Tanla Platforms LimitedのUday Reddy会長兼最高経営責任者(CEO)は以下のように語った。「四半期決算は、プラットフォームおよび商用通信分野におけるTanlaの能力の深さを実証するものである。当社の確固たる目標、プラットフォーム、製品、人材、顧客の成功、ブランドへの投資によって、当社は最高の今季四半期業績を計上することができた。当社の市場地位がかつてないほど強力になったことで、われわれはCPaaS事業における世界展開を拡大するというコミットメントを履行していく」

「TRAI規定を順守するために構築されたDLTプラットフォームであるTrubloqは、企業、テレマーケター、テルコで広範に導入された。現在、3万4000以上の企業が導入している。Trubloqだけが9月に商用開始し、現在、インドのA2Pトラフィックの80%以上を処理し、先月には1日だけで10億以上のインタラクションに到達した。Trubloqは第3四半期のTanlaの収益を大幅に増大させた」

「デジタルフットプリントのデータセキュリティー、データプライバシー、トレーサビリティーはもはやコンプライアンス要件だけではなく、競争上の優位性の潜在的な源泉であり、組織にとって戦略的な最優先事項になっている。1月に発売を開始した当社の製品であるWiselyプラットフォームは、エンドユーザーのデータセキュリティーおよびデータプライバシーが商用通信の送受信の際に絶対に侵害されないことを保証している。Wiselyは順調にCPaaSエコシステムを『ウーバーライズ』している」

▽財務ハイライト
インド最大のCPaaSプロバイダーは同社最高の第3四半期収益を達成した。

対前年比で、収益は昨年の年間収益の3分の1以上に相当する21%増の65億4100万ルピーを達成した。EBITDAは前年比99%増の12億6900万ルピーで、初めて10億ルピーを超えた。同社は9億3500万ルピーの最高純益を計上した。

EBITDAのキャッシュコンバージョンは78%で、同四半期に営業活動から派生したキャッシュは22億5200万ルピーだった。Tanlaおよびその全ての子会社は負債なしが継続している。

▽事業ハイライト
同四半期におけるTanlaの事業成長は、81の新規クライアント機会によって推進された。これらの新規取引は年間収益を9億ルピー押し上げた。

Tanlaは1月初め、マイクロソフトが設計開発したブロックチェーン対応のCPaaS製品Wiselyの発売によってプラットフォーム事業における素晴らしいマイルストーンを達成した。企業およびサプライヤー向け専用のマーケットプレースであるWiselyは、世界規模のエッジツーエッジ・ネットワークを提供し、プライベートでセキュアかつ信頼できる通信体験を提供する。インドのテクノロジー企業が世界規模の導入に向けたディスラプティブなプラットフォームをリリースしたのは、今回が初めてとなる。

▽新規のエンタープライズ獲得
Tanlaの新規企業獲得は同四半期で8つのセクターに及んだ。バンキング、フィンテック、リテール、eコマースは新規企業獲得の50%以上を占めた。消費製品、自動車、通信、エンターテインメント、BFSIのセクターは第3四半期だけでTrubloqに登録した6278社の企業リストのトップを占めた。

▽COVID-19への対応
この試練の期間、われわれは従業員の安全に注力し、従業員に適切なテクノロジーおよびインフラストラクチャーを提供することによって、自宅から仕事をすることを奨励した。リモートで働いても当社の顧客およびパートナーのニーズに常に応え、誰もが新しい仕事環境で集中して健康に生産性を上げることに専念した。

▽Tanlaについて
Tanla Platforms Limited(NSE:TANLA; BSE:532790)は革新的なCPaaSソリューションを通じて、世界がコラボレーションし、コミュニケーションする方法を変革している。1999年創業の同社は、インドでA2P SMSCを開発、展開した初の企業である。現在、世界最大のCPaaS企業の1社であるTanlaは、年間8000億以上のインタラクションを処理し、インドのA2Pトラフィックの約70%が分散型レッジャープラットフォームTrubloqを通じて処理されており、これは世界最大のブロックチェーン使用事例になっている。Tanlaは10億人以上の人々と関わり、極めて重要なメッセージを運ぶとともに、世界最大の企業のニーズに応えている。Tanla Platforms Limitedはインドのハイデラバードに本社を置き、世界中でプレゼンスを拡大している。

▽連結利益・損失(未監査)
Rs in Lakhs
Particulars                                        Q3FY21    Q3FY21     Q2FY20
I. Revenue from operations             65,411.2    58,324.7    53,903.9
II. Other income                                    242.5        474.5         222.7
III. Total Income (I+II)                      65,653.8    58,799.1    54,126.6

IV. Expenses
Cost of services                               49,296.8    44,891.7    43,510.6
Employee benefits expense               2,003.5     2,283.3      1,826.4
Depreciation expense                           892.1        992.3      7,083.9
Connectivity expenses                          286.4        280.8         203.8
Finance cost                                           17.4            8.9         183.9
Other expenses                                  1,136.3     1,115.7      1,994.2
Total expenses (IV)                          53,632.5    49,572.6    54,802.7

V. Profit before tax (III - IV)             12,021.3      9,226.5     (676.2)
VI. Tax expense:
Current tax                                           1,680.4    1,053.2     (464.7)
Prior period taxes/MAT credit                  -             -              30.6
Deferred tax                                           988.9       26.0        (310.2)
VII. Profit for the year (V -VI)              9,351.9     8,147.3       68.2
VIII. Other comprehensive income       (173.0)     (330.5)      51.1

IX. Total Comprehensive income for the period (VII + VIII)  9,178.9    7,816.8     119.3
X. Earnings per equity share (in INR)
Basic & Diluted (not annualised)               6.87       5.85        0.05

Logo - https://mma.prnewswire.com/media/627459/Tanla_Solutions_Logo.jpg

ソース:Tanla Platforms Limited



プレスリリース詳細へ https://kyodonewsprwire.jp/release/202102080771
提供: