和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2019年06月25日(火)

純烈、NHKホールで宣言「紅白、絶対出たい」

(左から)後上翔太、酒井一圭、スーパー・ササダンゴ・マシン、鶴見亜門、白川裕二郎、小田井涼平 (C)ORICON NewS inc.
(左から)後上翔太、酒井一圭、スーパー・ササダンゴ・マシン、鶴見亜門、白川裕二郎、小田井涼平 (C)ORICON NewS inc.
 歌謡コーラスグループ・純烈が12日、東京・渋谷のNHKホールで行うコンサート『純烈のNHKホールだよ(秘)大作戦!』の開演前に取材に応じた。今年1月にはメンバーの1人だった友井雄亮さんが脱退し、4人で再スタートしてから初めて同ホールで行うソロコンサート。満員御礼に、リーダーの酒井一圭は「応援してくれる人たちのためにも、今年の『紅白』、狙っています。絶対出たい。大みそかのスケジュールは明けてあります。あと半年、まい進します」と、2年連続『紅白歌合戦』出場への意欲を語った。

【写真】後上翔太にはっぱをかける酒井一圭

 昨年大みそかに、同ホールから生放送された『第69回NHK紅白歌合戦』に念願の初出場を果たしてから半年。先月には、4人体制になってから初めてNHKの番組に復帰(総合テレビの『うたコン』)。その際には、「紅白では我慢できたのに、泣いてしまった」と酒井。変わらずに応援してくれるファン、「おかえりなさい」と迎えてくれた『うたコン』のスタッフ、出演者の心遣いが「走馬灯のように浮かびました」。

 「今年はもう、スキャンダルはゴメン」という酒井だったが、メンバーの中で唯一人独身の後上翔太に「おめでたい話だったらいいよ」と婚活にはっぱをかけた。当の後上は「そういうことになったら、皆さんにご報告しますが、(結婚できそうに)ないんです。素敵な出会いがあれば」と、ちょうど頭上にあった神棚に手を合わせて笑いをさそっていた。

 また、今月、ウイルス性胃腸炎でダウンしたメインボーカル白川裕二郎は「もう大丈夫です」と全快したことをアピールしていた。

 この日のコンサートは2部構成で、1部ではスーパー・ササダンゴ・マシンが脚本を担当し、純烈ライブの初代司会者でもある鶴見亜門(今林久弥)も出演する芝居、2部は歌唱で3500人のファンを魅了する。

【写真】ピンクの衣装に意気込んだ純烈
【写真】スーツ姿から一変、オシャレ私服姿の純烈メンバー
純烈、4人体制で紅白目指す 生島ヒロシが新メンバー入りに名乗り「名誉コーラスで…」
純烈、新メンバー構想あり 番組共演者を「値踏みしている状況」 騒動後のディナーショーは来場倍増
小田井涼平&LiLiCo夫妻、純烈の紅白出場からメンバー脱退騒動の胸中「悲しい話ですけど…」
提供:oricon news