和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2019年06月25日(火)

SupermicroがNVIDIA EGXプラットフォーム支援のエッジAIシステムを発売

SupermicroがNVIDIA EGXプラットフォーム支援のエッジAIシステムを発売

AsiaNet 79153(1060)


【サンノゼ(米カリフォルニア州)2019年6月11日PR Newswire=共同通信JBN】
*このスケーラブルなエッジAIシステムは、信頼できるインフラストラクチャー展開向けに認定されている
*Supermicroは、NVIDIA EGXプラットフォーム向けのGPUサーバー、GPUワークロード最適化エッジサーバー、ゲートウエー、アプライアンスの包括的選択肢を提供し、リアルタイムAIをエッジにもたらす

エンタープライズコンピューティング、ストレージ、ネットワークソリューション、グリーンコンピューティング・テクノロジーの世界的なリーダー、Super Micro Computer, Inc.(SMCI)は11日、業界をリードするSupermicroのNGC-Readyの1Uおよび2U GPUサーバーと同社のコンパクトかつ高度に設定可能なエッジコンピューティングサーバーで、NVIDIA EGXプラットフォームをサポートすると発表した。これによって顧客はエッジネットワークのAIアプリケーションを迅速に開発することが可能になる。

Photo - https://mma.prnewswire.com/media/900411/Supermicro_Computing_Platforms.jpg

エッジAI(AI at the Edge)は、自動運転、遠隔ヘルスケア、高度AR(拡張現実)、VR(仮想現実)など多数のタイムクリティカルなアプリケーションをサポートしており、5Gネットワークの展開が継続するに伴い多種多様な実装において強力なサーバーの必要性は増え続ける一方である。エッジデバイスで生成されるデータ量は信じられないスピードで増加し続けており、組織は帯域輻輳、スケーラビリティー不足、プロセス遅延に加え、コンプライアンスおよびプライバシー問題を含むデータセキュリティー、インテグリティーなど多数の課題に直面している。Supermicroのエッジサーバーは、エンタープライズを変革し、IoTデバイスからクラウドへのインテリジェントなコネクティビティーによって組織を支援することを目指している。

Supermicroのチャールズ・リアン最高経営責任者(CEO)兼社長は「Supermicroは企業がデータセンターとエッジインフラストラクチャーの最新化支援にコミットしているので、企業はコアコンピテンスと経営優位性の一環としてリアルタイムスピードでデータを分析することができる。当社はNVIDIA EGXとNGCを搭載するエッジAIテクノロジー向けに最適化されたGPUサーバーおよび高度なプラットフォームを強化することで、インテリジェントエッジ向け、およびエッジからクラウドまでのシームレスな統合向けに最適化された幅広い高効率ソリューションを提供する」と語った。

韓国のDS&Gのチョンユル・ソCEOは「リアルタイム・エッジAIの展開で生じる課題は手ごわいものである。NVIDIA EGXプラットフォームを搭載したこれらのスケーラブルな最新のSupermicroソリューションは展開プロセスを簡略化し、比類のないパフォーマンスアクセラレーションをエッジデータセンター、ないしはネットワークエッジに提供する」と語った。

NVIDIAのEnterprise and Edge Computing Solutions担当上級ディレクターであるジャスティン・ボイタノ氏は「数十億のIoTセンサーがあらゆる業界のエンタープライズに展開されている。エンタープライズが収集する極めて多種多様で大量の情報は、エッジでプロセスされるべきである未加工データを急増させている。NVIDIA EGXプラットフォームはデータセンターないしはクラウドで、エッジAIの実現に向けたスケーラブルなプラットフォームを提供する」と語った。

エッジマイクロデータセンター向けで、認定されたNVIDIA EGXエッジプラットフォームシステムであるSupermicroの2U SuperServer 2029GP-TRは、要求の厳しいAIワークロードを駆動する能力を実証したシステム向けの認定NGC-Readyを受けている。SYS-2029GP-TRは4基のNVIDIA T4 GPUを使用し、その他のデータセンター・アプリケーション向けに最大6基のT4 GPUをサポートする。さらに、2基のT4 GPUを搭載したSupermicroの1UシステムSYS-1029U-TR4は現在、NGC-Ready認定を申請している。ネットワークエッジ全域にある最適化されたシステム向けに、SupermicroはT4 GPUで設定可能な数種のシステムを提供する。それらは1019D-FHN13TP、5019D-FN8TP、E403-9D-16C-FN13TPであり、それらすべてが現時点でNGC認定されている。

NVIDIA EGXおよびNGC認定を搭載した広範なSuperServerによって、Supermicroは必要とされる推論および機械学習を強化する最善の位置にあり、われわれの世界を向上させる進化するアプリケーションをサポートする。新しいエッジAI実装に加え、これらの新しいSupermicroサーバーベース・ソリューションは製造、小売、石油・ガス、ヘルスケア、スマートシティーなど幅広い業界で比類のない価値を提供する。

Supermicro GPUサーバーの詳細はウェブサイトhttps://www.supermicro.com/products/nfo/gpu.cfm を参照。

Supermicroの最新ニュースおよび発表は、Facebook(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2442814-1&h=1546894256&u=https%3A%2F%2Fwww.facebook.com%2FSupermicro&a=Facebook )やTwitter(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2442814-1&h=3289917775&u=http%3A%2F%2Ftwitter.com%2FSupermicro_SMCI&a=Twitter )をフォロー。

▽Super Micro Computer Inc.(SMCI)について
Supermicro(R)は、高性能・高効率のサーバーテクノロジーをリードするイノベーターで、世界中のデータセンターやクラウドコンピューティング、エンタープライズIT、Hadoop/ビッグデータ、HPC、組み込み型システム向けの高性能Server Building Block Solutions(R) を提供する最先端プロバイダーである。Supermicroは「We Keep IT Green(R)」イニシアチブを通じて環境保護に尽力しており、市場で利用可能な最もエネルギー効率が高く、環境に優しいソリューションを顧客に提供している。

Supermicro、Server Building Block Solutions、We Keep IT Greenは、Super Micro Computer, Inc.の商標ならびに/または登録商標である。

その他の社名、名称、商標は、それぞれの所有者の所有物である。

ソース:Super Micro Computer, Inc.

▽問い合わせ先
Michael Kalodrich
Super Micro Computer, Inc.
PR@supermicro.com



プレスリリース詳細へ https://kyodonewsprwire.jp/release/201906127457
提供: