和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2022年06月26日(日)

ピンク色の花ほぼ満開 古座川町三尾川でカワヅザクラ

ほぼ満開になっているカワヅザクラ(9日、和歌山県古座川町三尾川で)
ほぼ満開になっているカワヅザクラ(9日、和歌山県古座川町三尾川で)
 和歌山県古座川町三尾川、上田良惠さん(86)宅の庭でカワヅザクラのピンク色の花がほぼ満開になっている。例年、3月上旬まで咲いている。

 一昨年3月に89歳で亡くなった良惠さんの夫、卓男さんが30年ほど前に植えたサクラ。卓男さんは、長くサクラの花が楽しめるようにと近くにシキザクラ、ソメイヨシノ、シダレザクラ、ボタンザクラ、ヒョウタンザクラなども植えている。

 上田さん宅の庭では現在、シキザクラや梅なども花を咲かせており、メジロが蜜を吸いに訪れている。

 良惠さんと一緒に暮らす三男の正弘さん(56)によると、この場所は日当たりが良いことから、毎年周辺の土地よりも一足早くサクラの花が咲くことで知られており、町内外から花見に訪れる人がいるという。

 正弘さんは「カワヅザクラの花が終わるころにチョウチンザクラが咲き始める。自由に見に来てほしい」と話している。