和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2021年04月14日(水)

指標全項目がステージ2に 和歌山県内の感染状況改善

和歌山県庁
和歌山県庁
 和歌山県の仁坂吉伸知事は9日の定例記者会見で、国の分科会が示す新型コロナウイルス感染状況の指標は、7日時点で全項目がステージ3(感染急増段階)の基準を下回り「すべてステージ2(感染漸増段階)にある」と公表した。1月27日時点では病床使用率に関連する2項目が基準を上回っていたが、いずれも改善した。

 「最大確保病床の使用率」(ステージ3の基準20%)は1月27日時点で29・8%だったが、2月7日時点では18・8%に、「現時点の確保病床の使用率」(同25%)は1月27日時点で36・1%だったが、2月7日時点で22・7%と下回った。

 他の項目も、直近1週間の人口10万人当たり新規陽性者数は5・0人(ステージ3の基準15人)、感染経路不明者の割合は13・3%(同50%)などとなり、落ち着いている。

■感染者の半数が中高年

 一方、1~7日の週の感染者45人のうち、50代以上が約半数となった。1月11~17日は2割未満だったが、少しずつ増えている。

 仁坂知事は、高齢者施設や病院でクラスター(感染者集団)が発生したことによる影響が大きいといい「最も恐れていたことなので、引き続き注意を要する」と話した。県内の病院で患者が入院当日に発症し、院内感染に至ったケースを受け、院内での検査体制を強化する考えを示した。

 また、県内で感染者が初めて確認されてから13日で1年になることから、仁坂知事はこれまでを振り返った上で「一番大事なことは保健医療行政をきちんとするということ。国から指令が来ても、論理的におかしいと思ったら、正しいと思うことをやること。和歌山県はそれをちゃんとやって県民を守ってきた」と話した。