和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2021年04月12日(月)

和歌山梅酒の魅力発信 大阪国税局が動画配信へ

GI和歌山梅酒管理委員会の関係者らが参加して開かれた動画配信に向けた収録(和歌山市で)=提供
GI和歌山梅酒管理委員会の関係者らが参加して開かれた動画配信に向けた収録(和歌山市で)=提供
 国税庁が地理的表示(GI)に指定した「和歌山梅酒」の魅力を発信しようと、大阪国税局は13日から、GI指定の記念発表会の模様をインターネットで動画配信する。期間は3月31日までで、テレビ和歌山のホームページ特設サイトで視聴できる。

 「和歌山梅酒」は日本一の梅の産地、和歌山県で造られる梅酒で、昨年9月に全国13例目、リキュールでは初めてGIに指定された。

 それを記念し、発表会のイベント開催を予定していたが、新型コロナウイルスの感染拡大で取りやめ、7日に収録だけ行った。

 イベントは、県内で梅酒を造る酒造会社や梅加工会社などで組織する「GI和歌山梅酒管理委員会」(中野幸生会長)の関係者らが参加し、ゲストに梅酒ソムリエの金谷優さん、タレントでモデルのくみっきーさん、南部高校出身で元阪神タイガースの濱中治さんを迎えた。梅酒のトークセッションをはじめ、県産食材を生かしたペアリング料理を紹介したり、製造者に梅酒造りへの思いを語ってもらったりしている。イメージソングのお披露目やツーリングプランの紹介もある。アンケートもあり、答えた人には抽選で梅酒とオリジナルグラスをプレゼントする。

 配信は13日から始まり、毎週土曜日に新しい内容を追加する。

 「和歌山梅酒」は、和歌山の気候や風土で育まれた伝統的な酒で、動画配信によって全国や世界に魅力を発信していきたいという。