和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2019年06月25日(火)

フジモン、清廉潔白を力説「よしもとから全幅の信頼を…」 原西も闇営業に興味なし

FUJIWARA(左から)原西孝幸、藤本敏史 (C)ORICON NewS inc.
FUJIWARA(左から)原西孝幸、藤本敏史 (C)ORICON NewS inc.
 お笑いコンビ・FUJIWARAが13日、東京ビッグサイトで開催中の『東京おもちゃショー』(16日まで)のタカラトミーブースで『とんで!オウリー』新商品お披露目イベントにゲストとして参加した。

【写真】「とんで!オウリー」にそっくり?オウリーダンスをするFUJIWARA

 登場早々、藤本敏史は「どうも、いいパパイメージで、こういったお仕事をいっぱいいただいております~」と切り出しし、原西孝幸は「そういうことは言わなくていいねん」とツッコミ。ただ、実際は悲しい状況という。今週末は父の日とあって、思い出を問われたフジモンは「ないです」とぶっちゃけ。司会が驚きの声をあげると「だって、ないですもん。じゃあ、ウソを言えばいいんですか?」と真顔になっていた。

 トークでは、よしもと内でのトレンドとなっている“闇営業”の話題に。原西は「このお仕事は会社から依頼されて、やってます。大丈夫です」と笑い、フジモンも「これはちゃんとした営業です!」と説明。会社から営業に関する説明はないそうで、フジモンは「俺らは真っ当な芸人。よしもとから全幅の信頼を寄せられている。『アイツらは大丈夫だろう』と。清廉潔白なFUJIWARAで30年ほどやっているんでね」と“シロ”を強調すると、原西も「僕らは、そんなのやる気はないんでね」と同調し、契約解消となった入江とは「連絡取ってないです」と口をそろえていた。

 ほかにも離婚に関する質問などが連発され、苦笑いを繰り返したフジモンは「囲み取材とか、やったらアカンねんって」と間の悪いタイミングにボヤキが止まらなかった。

 『とんで!オウリー』は飛び方を教えてあげることで、本当に巣から飛び立つ新感覚お世話ペット。最初は少ししか飛べないが経験を重ねることによって上達し、飛ぶ時間が長くなるなど、成長過程も楽しめる。8月10日に発売される。

【写真】ラブラブ…ユッキーナ&フジモン、公開キスに原西びっくり!
【写真】愛娘・莉々菜ちゃんとランウェイを歩く木下優樹菜
フジモン、家庭内では最弱 凶悪モンスターは「木下優樹菜です」
フジモン、ミッキーは“笑いの師匠” 森三中の黒沢と愛を熱弁
【全身ショット】モデル風に決めるフジモンら
提供:oricon news