和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2021年03月04日(木)

海南市優勝、田辺は3位に 和歌山県ジュニア駅伝

紀三井寺公園陸上競技場を一斉にスタートする各市町の代表選手(21日、和歌山市で)
紀三井寺公園陸上競技場を一斉にスタートする各市町の代表選手(21日、和歌山市で)
 和歌山県内の小中学生がたすきをつなぐ「第20回県市町村対抗ジュニア駅伝競走大会」が21日、和歌山市であり、海南市が2年ぶり9回目の優勝を果たした。昨年優勝の田辺市は3位に入賞した。

 仁坂吉伸知事の号砲で、和歌山市の紀三井寺公園陸上競技場を一斉にスタート。県庁前までの21・1キロを10人でつないだ。

 新型コロナウイルス感染の心配やメンバー不足などから出場を見送った上富田町と太地町、新宮市、北山村、九度山町を除く25市町が出場した。。

 序盤からトップに立った海南市がそのままリードを保ち、大会新記録の1時間7分27秒で優勝した。2位は和歌山市で1時間8分26秒、3位の田辺市は1時間9分5秒だった。

 このほか、紀南では7位入賞の串本町が1時間12分17秒、15位の那智勝浦町が1時間14分46秒でチーム新記録。各市町のオープン8チームも出場し、健闘した。

 田辺市と串本町、那智勝浦町以外のチームの成績は次の通り。オープン参加チームは順位が付かない(以下、記録は印南町以南)。

 (12)印南町1時間13分29秒(20)みなべ町1時間16分21秒(21)白浜町1時間16分30秒(23)すさみ町1時間18分7秒(25)古座川町1時間25分58秒

 オープンチーム=那智勝浦町1時間17分56秒、串本町1時間18分59秒

■新記録で区間賞 串本の久保さん

 中学生女子が走る8区(2・5キロ)で、串本町の潮岬中1年久保凛さんが区間賞。7分47秒で区間記録を塗り替えた。各区間上位3位までに入った久保さん以外の選手は次の皆さん。

 4区(中学生女子、1・9キロ)=(2)石橋京華(田辺市・高雄中1年)6分25秒▽5区(中学生男子、2・2キロ)=(3)尾﨑孝健(田辺市・田辺中3年)6分33秒▽7区(小学生男子、1・7キロ)=(2)村上蒼佑(印南町・切目小6年)6分9秒▽8区=(3)楠本七瀬(田辺市・高雄中2年)8分14秒



 大会は、新型コロナ感染防止のため策定した「感染拡大防止ガイドライン」に沿って実施。開始式は執り行わず、沿道での声援も自粛を呼び掛けるなどした。