和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2022年01月19日(水)

マグロ市場でオペラコンサート 4月に那智勝浦町

オペラコンサートの会場となる勝浦地方卸売市場(和歌山県那智勝浦町で)
オペラコンサートの会場となる勝浦地方卸売市場(和歌山県那智勝浦町で)
 日本有数の生マグロの水揚げで知られる和歌山県那智勝浦町の勝浦地方卸売市場を会場にしたユニークなオペラコンサートが、4月に開かれる。町の主催で、平城宮跡(奈良市)や熊本城(熊本市)などで野外オペラ公演を成功させてきた「さわかみオペラ芸術振興財団」(代表理事=澤上篤人・さわかみ投信会長、東京都)が協力。コロナ禍で町の観光業などが大きな打撃を受ける中、堀順一郎町長は「地域の活性化につなげたい」と意気込んでいる。

 オペラコンサートは同町築地7丁目にある卸売市場第1売場(約2千平方メートル)に、客席の間隔を空けるなど新型コロナウイルスの感染予防対策を取りながら、約300人が鑑賞できる特設会場を設けて開催する。梨谷桃子さん(ソプラノ)ら日本人歌手3人とピアニストの篠宮久徳さんが約2時間、オペラの名曲などを披露する予定という。

 堀町長によると、財団の澤上代表理事とは町長に就任する前の県職員時代に知り合い、さわかみ財団が県の「企業の森」事業や熊野古道の道普請の取り組みを続ける中で交流を深めてきた。澤上代表理事が昨年7月、来町してマグロ市場を見学。「この会場でオペラをしたら面白い。世界に発信できる」などと提案があり、マグロ市場での開催につながったという。

 記者発表で、堀町長は「感染予防対策をきちっとした上で開催したい。今年成功させ、ぜひ来年以降も続けていければ」。オンラインで参加した澤上代表理事も「市場でのオペラ公演は世界で初めてでは。本物のオペラを楽しんでいただけたら」と呼び掛けた。

 「さわかみオペラin南紀勝浦生まぐろ市場コンサート」は4月17日の午後4時に開演。料金は一般2千円、小学生~高校生は千円で、座席が必要でない場合、乳幼児は無料。3月5日からチケットの予約を始める。

 問い合わせは町教育委員会生涯学習課(0735・52・4686)へ。