和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2021年10月27日(水)

川舟の運航始まる 世界遺産「川の参詣道」

雨が降る中、定期乗合便の運航を始めた熊野川の川舟下り(2日、和歌山県新宮市熊野川町田長で)
雨が降る中、定期乗合便の運航を始めた熊野川の川舟下り(2日、和歌山県新宮市熊野川町田長で)
 「川の参詣道」として世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」に登録されている熊野川を下る川舟が2日、今年の定期乗合便の運航を始めた。コロナ禍の影響で本年度の乗船客数は大きく落ち込んでおり、運営する和歌山県新宮市の熊野川町ふれあい公社・熊野川川舟センターは「一刻も早くコロナ禍が収束してほしい」と話している。11月末まで。

 川舟下りは川の参詣道を観光事業に活用しようと、2005年度に始まった事業。道の駅「瀞峡(どろきょう)街道熊野川」(新宮市熊野川町田長)そばの河原から、熊野速玉大社(同市新宮)近くまでの約16キロを、語り部が案内しながら1時間半ほどかけて下る。

 今年はコロナ禍の影響で定期乗合便の開始式典は催さず、関係者が川舟にお神酒をかけて清めるなどした後、雨の降る中、乗客3人を乗せて出発した。家族で訪れた奈良県大和郡山市の女性(75)は「楽しみにしていた。雨が残念だが満喫したい」と笑顔を見せた。

■コロナ禍で乗客6割減

 熊野川川舟センターによると、20年度の乗船者数は、2月末までで1048人。19年度の同時期(2649人)と比べて6割減った。感染拡大に伴う政府の緊急事態宣言を受けて4月14日から5月末まで休業したり、キャンセルが相次いだりしたことなどが理由で、本年度は運航開始以降、最も少なくなりそうだという。

 職員の大濵考之さん(59)は「密にならないよう、乗船できる人数を減らしたり、ライフジャケットを毎回消毒したりなど感染予防対策を徹底しながら運航しているので、安心してお越しいただけたら」と話していた。

 定期乗合便は午前10時からと、午後2時半からの1日2便。料金は中学生以上が4300円、4歳~小学生は2千円(4歳未満は乗れない)。完全予約制。

 問い合わせは熊野川川舟センター(0735・44・0987)へ。