和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2021年04月17日(土)

新刊 JBD企業・ビジネス白書シリーズ 少子化・高齢化ビジネス白書2021年版発刊しました。

― 「令和」新時代-「コロナショック」と少子化・高齢化ビジネスの展望 ―

2021年3月6日
http://www.jbd-corp.co.jp/
日本ビジネス開発株式会社

発行日     : 2021年2月16日
ISBN : 978-4-908813-33-7
ページ数 : A4判249ページ
価格     : 41,800円(本体38,000円)

 
― 「令和」新時代-「コロナショック」と少子化・高齢化ビジネスの展望 ―

 1992年に「シニア・シルバービジネス白書」名で創刊した本書は、本邦初のパイオニア書として当2021年版で第25弾となる。「少子化ビジネス」を加えて書名変更した2005年版以降、さらに内容を拡充し高い評価を得ている。
(最近3ヵ年の内容)
 ●少子化・高齢化ビジネス白書2018年版
  ・再定義の時代-「人生100年時代」における
   少子化・高齢化ビジネスの展望
 ●少子化・高齢化ビジネス白書2019年版
  ・生まれ変わる時代-「人生100年時代」の
   新ビジネス創出チャンスを探る
 ●少子化・高齢化ビジネス白書2020年版
  ・「令和」新時代-AI・IoT・BDで変化する
   少子化・高齢化ビジネスのニュー動向
 2020年は「コロナショック」の嵐が吹き荒れ、当該ビジネスにも多大な影響を及ぼした。今回、副題に“「令和」新時代-「コロナショック」と少子化・高齢化ビジネスの展望”を掲げ、近未来への当該ビジネスの変化を見据えて最新事例をベースに構成・編集した。
 本文は以下の6章立て。
  Ⅰ.「令和」新時代-「コロナショック」と少子化・高齢化
    ビジネスの展望
  Ⅱ.「人生100年時代」の関連統計
  Ⅲ.少子化ビジネス・高齢化ビジネス企画のためのマクロデータ
  Ⅳ.少子化ビジネス
  Ⅴ.高齢化ビジネス
  Ⅵ.「コロナショック」関連資料

 Ⅰ章では特に少子化ビジネスが「コロナショック」により悪影響を受けることを指摘した。
少子化ビジネスに関わる主な指標が悪化しており、先行きの展望は厳しい状況にある。
  ex.妊娠届出数の減少
    ・2021年以降の出生数減は避けられない。
  ex.若者無業者の急増
    ・いわゆるニートが急増している。この層の増加は婚姻数の低下につながる。
  ex.35~44歳の非正規雇用者の減少
    ・子育て層が職を失っており、関連消費の活力が失われる。
  ex.若手失業率の悪化
    ・若手層の食の不安定化は晩婚化、未婚化を招く。
  ex.有効囚人倍率の大幅ダウン
    ・職探しが難しくなっている。

 前回の2020年版を継ぎ、主に~2021年1月までの間に遂行された最新かつ示唆に富んだビジネス及び関連事象を吟味収録した。

 

 
(注1)弊書のシニア・シルバーの年齢区分は、シニア(50代~60代)、シルバー(70代以上)
(注2)本稿の「コロナショック」とは、新型コロナウイルス感染拡大に起因する混乱、悪影響の事象

 

※国立国会図書館の調べ方案内「介護ビジネスについて調べるには(統計・名鑑・インターネット情報源等)」で紹介されています。
https://rnavi.ndl.go.jp/research_guide/entry/theme-honbun-102309.php



プレスリリース詳細へ https://kyodonewsprwire.jp/release/202103061930
提供: