和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2019年11月21日(木)

「恋人の聖地」でJTB賞 南紀白浜の三段壁

プロフィギュアスケーター村上佳菜子さん(中央右)から賞状を受け取る井澗誠町長(中央左)=東京都内で
プロフィギュアスケーター村上佳菜子さん(中央右)から賞状を受け取る井澗誠町長(中央左)=東京都内で
 静岡市のNPOが「恋人の聖地」と認定している和歌山県白浜町の名勝・三段壁が、全国にある恋人の聖地から選考する地域活性化賞の「JTB賞」に選ばれた。コンセプトを生かす町を挙げた取り組みが同NPOに評価された。

 NPO地域活性化支援センターは2006年から「恋人の聖地プロジェクト」を展開しており、現在、全国の136カ所を認定している。三段壁の認定は16年4月。

 以降、町や町内の観光、商工団体などでつくる実行委員会がイベントを開いたり、電飾を飾ったりしている。ハート形のモニュメントも三段壁に設置している。関連して、白浜中学校の生徒が企画した商品も誕生した。

 表彰式は11日に東京都内であり、代表して出席した白浜町の井澗誠町長がプロフィギュアスケーター村上佳菜子さんから賞状を受け取った。