和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2021年12月04日(土)

早くもシャクナゲ鮮やか 印南町の川又観音

参道沿いの斜面を彩るシャクナゲ(和歌山県印南町川又で)
参道沿いの斜面を彩るシャクナゲ(和歌山県印南町川又で)
 和歌山県印南町川又の川又観音でシャクナゲ(ツツジ科)が咲き、参拝者が鮮やかな花を楽しんでいる。

 山間部にある厄よけで知られる観音。シャクナゲは参道沿いの斜面にあり、多くは植栽した西洋シャクナゲ。

 大きいもので樹高は約5メートルあり、赤やピンク色の大ぶりの花が目立っている。

 地元住民によると、今年は3月初旬から一部の木で咲き始めた。木によって開花時季に差があるため、花はゴールデンウイークごろまで楽しめるという。