和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2021年09月27日(月)

紀北で15人感染 和歌山県、入院は113人に

 和歌山県は2日、10~80代の男女15人が新たに新型コロナウイルスに感染したことが分かったと発表した。入院者は113人となった。

 発表されたのは紀北ばかりで、橋本保健所管内が8人、和歌山市が4人、岩出保健所管内が2人、海南保健所管内が1人。

 橋本保健所管内在住の60代女性2人と50代女性の計3人は、うち1人の自宅で飲食した。同管内の女子高校生2人は、大阪府であった音楽イベントに出席したという。

 和歌山市の40代会社員男性は、大阪府内の飲食店で7人で開いた同僚の送別会に参加した。あとの6人は調査中。

 また、これまでに感染が発表されている人のうち11人が新たに変異株によるものと判明。変異株の感染者は73人となった。このうち、新たに10人が英国型と分かり、これまでと合わせ、型が判明した22人全員が英国型となっている。