和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2021年04月17日(土)

自転車で熊野一周を 上富田の団体が「クマイチ」マップ

「クマイチ」のサイクリングマップ
「クマイチ」のサイクリングマップ
 和歌山県上富田町を拠点に地域の活性化を目指す「紀州くちくまの未来創造機構」は、自転車で熊野を一周する「クマイチ」のサイクリングマップを作った。世界遺産やジオパークの見どころも紹介するポケットサイズで、「マップを手に熊野一周を」とPRしている。

 同機構は、JR朝来駅近くの町産業振興・文化交流館に自転車を貸し出すサイクルステーション「KMICH(クミッチ)」を開設している。最もアピールしているのが「クマイチ」で、広域で連携し関西三大サイクリングロードとしての定着を目指す。

 マップは千部作った。縦59・5センチ、横42センチで、折り畳んでポケットサイズになっている。水に強い素材。

 県南部の地図にクマイチサイクリングのルートを示し、高低差が分かる図も付けている。和歌山市から千葉県銚子市にかけての「太平洋岸自転車道」や県内全域に広がる「WAKAYAMA800」のルート、短いコースのタウンルートも入れている。

 さらにトイレや休憩所、空気入れがある「サイクルステーション」(84カ所)、自転車置き場などを備え、サイクリストに優しい宿泊施設(32カ所)、修理に対応するサイクルショップ(4カ所)も紹介している。

 裏面には世界遺産に登録されている熊野三山や王子社跡、南紀熊野ジオパークの見どころを写真付きで紹介。自転車のルールや心得、緊急連絡先なども入れている。

 機構の事業部門スタッフリーダー、瀬戸陽子さんは「エリア全体を網羅したサイクリングマップ。熊野のサイクリングに活用してもらえればと思う」と話している。マップはクミッチに置いている。

 問い合わせはクミッチ(0739・34・3115)へ。