和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2021年04月16日(金)

武田、落合君ら全国へ 全農杯卓球大会

全日本卓球選手権大会のホープス男子の部に出場する武田志輝君(左から3人目)、落合将大君(右端)らタナベTTCの選手=タナベTTC提供
全日本卓球選手権大会のホープス男子の部に出場する武田志輝君(左から3人目)、落合将大君(右端)らタナベTTCの選手=タナベTTC提供
 全農杯全日本卓球選手権大会(ホープス、カブ、バンビの部)の予選を兼ねた和歌山県卓球選手権大会が3日、和歌山市であった。田辺市のタナベTTCからは、ホープス(小学6年生以下)男子で武田志輝君(白浜町西富田小学校6年)、落合将大君(田辺第二小6年)ら4人が上位に入り、全日本大会の出場を決めた。


 県卓球協会主催。ホープス、カブ(小学4年生以下)、バンビ(小学2年生以下)の男女のシングルスでそれぞれ、全国出場の2枠を争った。

 ホープス男子は10人が参加。3グループに分かれてリーグ戦をした後、各グループで1位になった武田君と落合君、タナベTTCの廣里匡紀君(田辺第二小6年)の3人で代表決定戦をした。

 その結果、武田君が2勝して優勝、落合君が1勝1敗で準優勝して代表に決まった。廣里君は3位入賞。

 バンビ男子の部は参加者がタナベTTCの廣里和万君(田辺第二小2年)1人だったため、代表に決まった。

 バンビ女子の部は参加者2人が対戦し、タナベTTCの川口葵さん(みなべ町南部小1年)は対戦相手に敗れたが、代表枠2に入った。

 そのほか、6人が参加したホープス女子の部では、タナベTTCの川口美桜さん(南部小5年)が4位に入賞した。

 全日本選手権大会は7月23~25日、神戸市のグリーンアリーナ神戸で開かれる。