和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2021年05月10日(月)

プレミアム付デジタル観光券「小田原市観光ウォレット」に『おまかせeマネー』が採用 ~地域の観光関連事業のデジタル化をサポート~

株式会社エヌ・ティ・ティ・カードソリューション(本社:東京都品川区、代表取締役社長:奥本 雅之、以下「NTTカードソリューション」)が提供するデジタル通貨発行代行サービス『おまかせeマネー』(以下「おまかせeマネー」)が、一般社団法人小田原市観光協会(以下「(一社)小田原市観光協会」)が発行するプレミアム付きデジタル観光券「小田原市観光ウォレット」(以下「小田原市観光ウォレット」)のプラットフォームとして初めて採用されました。

1.実施の背景
近年、政府が進める「キャッシュレスポイント還元事業」をはじめ、国内のキャッシュレス化は着実に進んでおります。各地域にとってもプレミアム商品券をはじめとする地域通貨などをデジタル化することで、ご利用時や精算・換金時の効率化、データの利活用等が実現でき、地域内の消費喚起や観光振興などの効果が期待されます。   
今回、NTTカードソリューションは、新型コロナウイルスの感染拡大により低迷する観光関連事業の支援を目的に(一社)小田原市観光協会と連携し、地方活性化を推進するNTT東日本グループの一員として、「小田原市観光ウォレット」の提供をサポートすることで、地域社会へのキャッシュレス化による経済循環・活性化に貢献してまいります。

2.実施概要
小田原市としては初となるインターネットによる電子商品券、総額1億3千万円分の「小田原市観光ウォレット」を販売します。(販売価格5,000円/利用可能金額6,500円、2万冊を先着販売予定)
(一社)小田原市観光協会が、総合事務局として利用可能店舗の募集、管理、プロモーション等を行います。
NTTカードソリューションは、「小田原市観光ウォレット」のプラットフォームの提供、発行、インターネットによる販売、利用店舗での決済、利用店舗との精算等を行います。
利用者はスマートフォンで「小田原市観光ウォレット」を購入し、市内の利用店舗で画面上に表示されるQRコードを提示することで買い物することができます。
 
NTTカードソリューションは今後も、NTT東日本や各自治体とも連携しながら、地域や企業等の持続的な発展に寄与し続けていけるよう、サービスの開発と向上を図ってまいります。

3.実施期間
2021年6月1日(火)~2022年11月末予定
※新型コロナウイルス感染状況等を踏まえ、開始時期・期間が変更となる場合があります。

4.利用可能店舗
300店舗前後を募集予定
募集事業者例:
・ホテル・旅館・ゲストハウス
・お土産物店
・飲食店
・交通系
・その他、観光客に対して商品を販売している店舗

5.その他関連情報
・(一社)小田原市観光協会ホームページ
https://www.odawara-kankou.com/

・おだわらトリップ
https://odawaratrip.com/

※ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。


本件に関するお問合わせ先
[報道機関からのお問い合わせ先]
企画部
TEL:03-6433-9492

[自治体・企業からのお問い合わせ先]
ギフトサービス事業部
ML:cs-lcs@ntt-card.co.jp
TEL:03-6433-9147
(受付時間 9:30~18:00/土・日・祝日を除く)


プレスリリース詳細へ https://user.pr-automation.jp/r/46755
提供: