和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2021年05月10日(月)

さだまさし、倉本聰と田中邦衛さんを語る 9年ぶりに『ANNGOLD』担当

さだまさし(C)ニッポン放送
さだまさし(C)ニッポン放送
 シンガー・ソングライターのさだまさしがパーソナリティーを務めるニッポン放送『さだまさしのオールナイトニッポンGOLD』が、23日に放送されることが決定(後10:00)。2012年6月以来、約9年ぶりの『ANN』出演となる。

【写真】『北の国から』 '83冬の場面カット

 3月24日に亡くなった俳優の田中邦衛(たなか・くにえ)さんが出演していた『北の国から』の主題歌を担当していたさだは、田中さんの訃報を受けて、自身のインスタグラムを更新。ンスタグラムで「憧れの田中邦衛さんと一緒に仕事をさせていただけたのは倉本聰先生のおかげです。1980年の冬の富良野、倉本聰先生のご自宅でメインテーマを作ったあの日のことは今でも鮮烈に胸に残っています」と追悼コメントを残した。

 今回の番組では、『北の国から』の脚本を手掛けた倉本氏の出演が決定。富良野から電話で出演し、名曲「北の国から~遥かなる大地より~」の誕生ストーリー、田中さんとの思い出、倉本氏が「黒板五郎」に込めたものなどを、2人で語り合う。

田中邦衛さん死去 『北の国から』舞台・北海道富良野市が追悼【コメント全文】
■田中邦衛さんの出演作品ほかプロフィール
さだまさし“カムカムおじさん”役で朝ドラ初出演「日本を明るくするお手伝いができたら」
【紅白リハ】さだまさし「勇気を持って歌うことが僕らの仕事」 30年前の曲に“変わらぬ信念”
さだまさし、ラジオで「ぼくたちの存在理由」を考える「楽しい番組になれば…」
提供:oricon news