和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2021年05月15日(土)

ホテル越之湯オープン 火災で休業し改修

リニューアルオープンしたホテル「越之湯」(16日、和歌山県那智勝浦町湯川で)
リニューアルオープンしたホテル「越之湯」(16日、和歌山県那智勝浦町湯川で)
 和歌山県那智勝浦町湯川のホテル「南紀勝浦温泉 湯快リゾートプレミアム越之湯」が17日、リニューアルオープンした。2018年8月に発生した火災以降、休業して全面的な改修工事を進めていた。

 経営する湯快リゾート(本社・京都市)によると、改修ではフロントやロビー、レストランなどが入る建物を新築。この他、源泉掛け流しの天然温泉や、足湯付きで海を一望できるオーシャンテラス、岩盤浴など利用客がくつろぐための設備も充実させた。

 レストランでは、生マグロなど地元の食材をふんだんに使った料理を提供。リニューアルオープンに合わせて、地元の児童が勝浦の魅力を描いた96枚の絵も館内に展示している。

 16日には、地元の旅館などから関係者のみを招いた内覧会があった。越之湯の岡毅尚支配人(35)は取材に対し、「改修により上質で落ち着いた雰囲気のホテルとなったが、歴史ある建物や設備も残っている。新型コロナウイルス対策を徹底しており、コロナ禍だからこそ、リニューアルオープンで地域を盛り上げられたら」と話した。

 ホテルは和室や洋室、露天風呂付きの客室など計85室。80台分の無料駐車場を備えている。リニューアルオープンに向けて、3月12日から予約の受け付けを始めていた。

 越之湯は、近衛文麿元首相や昭和天皇、作家の吉川英治や三島由紀夫ら著名人が数多く宿泊した勝浦温泉を代表する宿泊施設の一つ。