和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2019年07月22日(月)

Sirtex MedicalがSIR-Spheres(R)Y-90レジン微小球投与患者10万人に到達

Sirtex MedicalがSIR-Spheres(R)Y-90レジン微小球投与患者10万人に到達

AsiaNet 79270 (1110)

【ウォバーン(米マサチューセッツ州)2019年6月24日PRNewswire=共同通信JBN】
*医師と従業員にこのマイルストーンと患者の生活に及ぼした影響について感謝

肝臓がん標的治療の主要メーカーSirtex Medical (https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2500274-1&h=3904953148&u=http%3A%2F%2Fwww.sirtex.com%2F&a=Sirtex+Medical )は20日、肝臓がん患者治療用のSIR-Spheres(R)Y-90レジン微小球(マイクロスフェア)の10万人目の投与を発表した。*世界中の1000以上の医療従事者と病院システムがこの治療法を提供している。

Logo - https://mma.prnewswire.com/media/926923/Sirtex_Medical_Logo.jpg

Sirtexのケビン・スミス暫定最高経営責任者(CEO)は「この画期的出来事は、当社のインターベンショナル腫瘍臨床プログラムへの重要な投資に加え、世界中の医療専門家の支援なくしては可能ではなかっただろう。当社はまた、患者を第1にし、患者の生活の質と寿命の改善の取り組みで優れた成果を挙げることに集中している献身的な従業員を擁することを非常に誇りにしている。しかし、これは多くのマイルストーンの最初であり、当社はSIR-Spheres Y-90レジン微小球の送達向上の新たな方法の開発と標準治療の前進に継続的に取り組む」と語った。

Sirtexは創業以来、肝臓がん患者のケアに当たる多様な専門分野のチームに対する最上級の訓練、支援、教育の提供にコミットし、内部放射線治療の恩恵を最も受ける人々が治療とケアを確実に受けられるようにしてきた。投与の10万人到達はSIR-Spheres Y-90レジン微小球療法による肝臓指向治療の範囲を広げる世界中の取り組みが認められたためである。

コロラドのMinimally Invasive Treatment Specialistsで肝臓指向のがん治療に専念するフェローシップ訓練を受けた画像下放射線治療の一流の認定専門医チャールズ・ナッティング博士は「臨床研究は、米国の結腸直腸がんの肝臓転移患者に対するSIR-Spheres Y-90レジン微小球による選択的内部放射線療法(SIRT)の利点をかなり前から示してきた。この低侵襲処置は肝臓腫瘍を制御しつつ、患者の忍容性が良好で生活の質を維持することを目指している」と語った。2002年、ナッティング博士は米国でSIR-Spheres Y-90レジン微小球を投与した最初の医師であり「米国の患者にこの治療法を提供するためSirtexとの提携を続けることは光栄であり、喜んでいる」と述べた。

ドイツ・ミュンヘンのKlinikum Bogenhausenの放射線・神経放射線・核医学部門長のトマス・ヘルムベルガー教授は欧州、中東、アフリカで初めて2002年、SIR-Spheres Y-90レジン微小球でSIRTを実施した。教授は「これは、医療計画の一部として検討するよう患者に勧めている実行可能な治療選択肢である。この重要なマイルストーンをSirtex、医学界とともに祝うのは喜ばしい」と語った。

ウエストパースのMount Hospitalの腫瘍内科医でウエスタンオーストラリア大学医学薬学部臨床医学のガイ・バンヘーゼル教授はSIR-Spheres Y-90レジン微小球の初期開発に参加した。教授は「これは私の患者の重要な治療選択肢であり、マイルストーンの一部であることがうれしい」と述べた。

*米国では、SIR-Spheres Y-90レジン微小球は食品医薬品局(FDA)の市販前承認(PMA)を受けており、原発性結腸直腸がんからの切除不能転移性肝臓腫瘍治療にフロクスウリジンを使った肝臓内動脈化学療法との併用を指示されている。SIR-Spheres Y-90レジン微小球はオーストラリア、欧州連合(EU)、アルゼンチン、ブラジル、カナダとインド、シンガポールなどアジアの数カ国で、手術不能の肝臓がんの治療用に承認されている。

▽SIR-Spheres Y-90レジン微小球を使った選択的内部放射線療法(SIRT)について
SIR-Spheres Y-90レジン微小球は手術不能な肝臓がんの治療用の処方医療機器である。腫瘍に高用量の高エネルギー・ベータ放射線を直接送達する低侵襲治療法である。SIRTは画像下治療放射線医が患者に処置し、腫瘍に血液を供給する肝臓動脈にカテーテルを使って数百万の放射性レジン微小球を注入する。腫瘍の血液供給を利用することで、微小球は健康な組織を害することなく、通常の放射線療法の最大40倍の高放射線量で選択的に肝臓腫瘍を攻撃目標とする。

▽Sirtexについて
Sirtex Medicalは米国、オーストラリア、ドイツ、シンガポールに事務所がある国際的な医療企業で、がん患者の治療成果の向上に取り組んでいる。主要商品は肝臓がんの標的放射線療法で、SIR-Spheres Y-90レジン微小球と呼ばれる。40カ国以上の1000を超える医療機関で、肝臓がん患者の治療に10万回以上が投与された。詳細は次を参照:www.sirtex.com

SIR-Spheres(R) はSirtex SIR-Spheres Pty Ltd.の登録商標である。

出典:
(1) Kennedy A., Cohn M., Coldwell D.M. et al. (2017). "Updated survival outcomes and analysis of long-term survivors from the MORE study on safety and efficacy of radioembolization in patients with unresectable colorectal cancer liver metastases," Journal of Gastrointestinal Oncology. 8(4): 614-624.
Available from: https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5582033/, accessed 06/05/2019.
(2) Cosimelli M., Golfieri R., Cagol P.P. et al (2010). "Multi-centre phase II clinical trial of yttrium-90 resin microspheres alone in unresectable, chemotherapy refractory colorectal liver metastases," British Journal of Cancer. 103(3): 324-331. Available from:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20628388, accessed 06/07/2019.

DOC ID: 196-EUA-0619  

ソース:Sirtex Medical

▽問い合わせ先
Kevin Smith
Phone: +1.781.721.3801
Email: Kevin.Smith@Sirtex.com



プレスリリース詳細へ https://kyodonewsprwire.jp/release/201906257872
提供: