和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2022年05月19日(木)

水上すべり台も登場 扇ケ浜海水浴場が1日に海開き

扇ケ浜海水浴場に設置予定の水上すべり台のイメージ(串本町の橋杭海水浴場で)
扇ケ浜海水浴場に設置予定の水上すべり台のイメージ(串本町の橋杭海水浴場で)
 和歌山県田辺市の田辺扇ケ浜海水浴場が7月1日に海開きする。田辺観光協会は新企画として海上にすべり台とターザンロープを設置するほか、砂浜にビーチスポーツのコートを整備。子ども連れや若者の集客を図る。8月31日まで。

 扇ケ浜は市内唯一の海水浴場。子どもを連れて遊べる「ファミリービーチ」として売り出しており、昨年は7万7458人の来場があった。

 海上遊具の設置は7月13日~8月18日。すべり台は海面からの高さが2メートル程度で、ターザンロープとも無料で開放する。

 ビーチスポーツ場は南側の砂浜に開設。コートはビーチバレー3面、ビーチサッカーとビーチテニスが各1面で、7月13日~10月31日に利用できる。

 大学生が運営する海の家は7月20日にオープン。8月18日までは2店舗営業(午前10時~午後5時)、以降は同31日まで1店舗が営業する。1店舗は夜(午後5時~9時)も営業する。軽食や飲料、アルコール類を販売する。

 海の家ではスタンドアップパドルボード(サップボード)を貸し出す。サップボードはサーフボードよりも大きく浮力が強い。パドルでこいで「水上散歩」を楽しめる。有料。

 流しそうめんや昔ながらの夜店がある恒例の「扇ケ浜まつり」は8月10日の予定。