和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2021年10月27日(水)

病床逼迫、使用率96% 和歌山県で45人感染

 和歌山県は22日、新たに45人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。過去2番目の多さ。入院者数は384人、重症者数は54人で、いずれも過去最多を更新。確保している病床400床に占める使用率も過去最多の96・0%となった。

 保健所管内別は和歌山市27人、岩出5人、海南と橋本が各3人、田辺2人、湯浅1人、県外が4人。

 和歌山市畑屋敷千体仏丁の「スナックゆき」では、40~60代の男女5人(和歌山市と大阪府在住)の感染が判明。これまでに発表した人を合わせて来店者4人と従業員2人、計6人の感染を確認し、県は45件目のクラスター(感染者集団)に認定した。県は、同店を9~21日に来店した人は最寄りの保健所まで連絡するよう呼び掛けている。

 田辺保健所管内在住者のうち10歳未満の男児は、すでに感染が発表されている同じ小学校児童の接触者。30代福祉事業所職員女性は、感染した家族の接触者。

 感染者の累計は1943人で、このうち28人が新たに変異株によるものと判明。変異株感染者は321人になった。