和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2022年01月28日(金)

黄色い花咲く 串本町でウマノアシガタ

黄色い光沢のある花を咲かせているウマノアシガタ(和歌山県串本町くじの川で)
黄色い光沢のある花を咲かせているウマノアシガタ(和歌山県串本町くじの川で)
 和歌山県串本町くじの川の道端でウマノアシガタ(馬の足形)が黄色い光沢のある花を咲かせている。

 日本全国の日当たりの良い山地や野原の土手などに生えるキンポウゲ科キンポウゲ属の多年草。4~5月に直径2センチほどの花を咲かす。根元の葉が馬の足跡に似ていることが名前の由来となっているが、あまり似ていないといわれている。キンポウゲ(金鳳花)とも呼ばれるが、もともとは八重咲きのものをそう呼んでいたという。全草に毒がある。