和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2021年06月16日(水)

元妻を殺人容疑で逮捕 和歌山県警、「紀州のドン・ファン」事件

野崎幸助さんを殺害したとして須藤早貴容疑者を逮捕したことを発表する和歌山県警の岸谷孝行田辺署長(右)と徳田太志・刑事部長=28日、田辺署で
野崎幸助さんを殺害したとして須藤早貴容疑者を逮捕したことを発表する和歌山県警の岸谷孝行田辺署長(右)と徳田太志・刑事部長=28日、田辺署で
 和歌山県田辺市の資産家で「紀州のドン・ファン」と呼ばれた酒類販売会社の元社長、野崎幸助さん=当時(77)=に2018年、多量の覚醒剤を摂取させて殺害したとして県警は28日、殺人と覚醒剤取締法違反の容疑で、元妻で会社役員の須藤早貴容疑者(25)=東京都品川区=を逮捕した。 

 調べによると、須藤容疑者は18年5月24日、野崎さん方で、何らかの方法で野崎さんに致死量を超える覚醒剤を口から摂取させ、急性覚醒剤中毒で死亡させた疑い。

 須藤容疑者は現在、登記上では、野崎さんが経営していた株式会社2社の代表取締役を務めている。県警は、28日朝に東京都内の自宅マンションで須藤容疑者を逮捕。その後、田辺署に身柄を移送し、取り調べを進めている。須藤容疑者は逮捕に素直に応じていたが、移送時はうなだれていたという。

 自身の女性関係や半生を著した本を出版し、欧州のプレーボーイになぞらえられた野崎さんの不審死から約3年。県警は、年が50歳以上離れ、死亡の約3カ月前に結婚した須藤容疑者が関与していたとみて捜査を継続し、事件発生から2年ほどかけて証拠を固めていた。

■「被害者の無念晴らせた」 田辺署の岸谷署長

 田辺署で行われた記者会見には、県警の徳田太志刑事部長と岸谷孝行田辺署長、保田彰捜査1課長が出席、事件の概要と逮捕に至る経過について説明した。岸谷署長は会見の冒頭、「被害者の無念を晴らすことができ、県民の期待にも応えることができたと思う。逮捕は一つの節目であり、事件の全容解明に向けて全力で取り組みたい」と語った。

 保田捜査1課長は、覚醒剤を摂取させた方法や入手経路について「今後正確に立証すべき事柄であり、この場での回答は差し控えたい」としたが、胃の中から覚醒剤の成分が検出されたことから「口から体内に入ったことは間違いない」と語った。

 さらに「(須藤容疑者が)覚醒剤を入手したのは間違いないと考えている」と話し、「自殺につながる原因がなく、致死量を超える覚醒剤が検出されたことなどから、事件と考えた」と説明。逮捕まで3年がかかった理由については「さまざまな可能性を一つずつ消していき、証拠の価値を一つずつ判断した結果だ」と述べた。