和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2019年11月21日(木)

昨年の名残? 休耕田にソバの花

休耕田に咲いたソバの花(和歌山県印南町美里で)
休耕田に咲いたソバの花(和歌山県印南町美里で)
 和歌山県印南町美里の畑でソバが花を咲かせている。田植えが終わった水田の隣で白い花が咲き乱れている。

 栽培を始めて4年目という地元の農業、田中統さん(66)によると、休耕田対策と地域活性化を目的に地元住民らと約10アールの畑でソバの栽培に取り組んでいる。

 毎年8月上旬に種をまき、10月初めに花が咲いて11月下旬に刈り取っているが、今年はこの時季に咲いた。昨年は田中さんが体調不良で、ほとんど収穫できなかったという。田中さんは「今年に入って畑を耕したが、残っていた種が、いま花を咲かせているのではないか」と話している。