和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2021年05月12日(水)

子どもの夢がおうち時間に…流しそうめんでスピード競争できる商品が登場

『競そうめん』
『競そうめん』
 夏の風物詩のひとつである流しそうめん。生活関連用品の企画・開発・販売を行う株式会社ドウシシャは、2つのコースで流しそうめんを楽しめる『競そうめん』を5月上旬から全国発売する。

【写真】これは楽しそう…! 大人も子ども時代に夢に見た自由自在な“流しそうめん”

 同社では2018年から、流しそうめんを自宅で楽しめる商品を開発してきた。第3弾として発表した『競そうめん』は、自宅で昼食をとる機会が増えていることや、そうめんの需要が伸びていることに着目し、自宅で味わうそうめんを通じて、エンターテインメント性を持たせたいという思いから開発された。

 スライダーの高さや角度の調整ができるため、コースの組み合わせは無限大。自分だけのコースをつくることができるため、準備段階からそうめんが家族のだんらんに。『競そうめん』の名の通りどちらのコースが速いか競争したり、ロングコースで家族みんなで楽むことができる。

【写真】水流は左右両対応、シンプルだけどギミックが細かい!気軽に楽しめる流しそうめん器
【画像】母が娘に送った”卒弁証書”に「思わず泣いた」母が6年作り続けたダジャレ&おもしろお弁当集
【写真】パパがイクメン!家族愛あふれるリカちゃん家族ショット
【写真】おもちゃで遊ぶ三男を公開した小倉優子
【写真】『東京おもちゃショー2019』で授賞したおもちゃ一覧
提供:oricon news