和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2021年06月22日(火)

Dar Al ArkanがShams Ar Riyadhにエリーサーブがデザインの独占的ビラ発表、高級住宅の新たな基準に

AsiaNet 89381 (0991)

【リヤド(サウジアラビア)2021年5月6日PR Newswire=共同通信JBN】サウジアラビアの大手不動産企業Dar Al Arkanは特異なコラボレーションとして、王国のShams Ar Riyadhプロジェクトの一部となる世界的デザイナーElie Saab(エリー・サーブ)氏との独占的共同ブランドのビラを発表する。

Photo - https://mma.prnewswire.com/media/1504199/elie_saab.jpg

オートクチュールの世界でELIE SAAB(エリーサーブ)が高い評価を得ている洗練されたエレガンスと並外れた装飾を反映して、ビラは精巧なデザインによるエリーサーブの代表的なスタイルを有し、王国の現代的高級住宅に新たな基準を設定する。

この世界的に名高いデザイナーは、創造的なガイダンスをもたらし、プロジェクトをまとめ上げる洗練されたデザイン要素をキュレートする。外装のコンセプトに加え、そのデザインの素晴らしさは内装にも取り込まれて反映し、それぞれのビラのすべての面にわたって途切れない魅力と優雅な連続性をもたらす。エリー・サーブ氏はプロジェクト全体に自身の芸術的なビジョンとインプットも与え、比類のない最高級の生活水準を強固にする。

Dar Al Arkanとエリーサーブの共同ブランドによるビラの数は限定されている。いずれも非公開の場所に立地し、近づけるのは住人に限定される。ワジハニファの緑豊かな樹木と涼しげな水路に囲まれており、住民はビラから直接ワジに出て、快感を与え、静寂をもたらす自然の輝きを体験できる。

Shams Ar Riyadhプロジェクトはリヤド北方の戦略的地区に位置し、500万平方メートル以上の面積に広がる。この住宅地は世界レベルのショッピング、ダイニング、娯楽、文化面での楽しみのほか、見事に景観が整えられた庭園や公園が特徴である。Shams Ar Riyadhはリヤド市内の主要なライフスタイル目的地やビジネスセンター、トップアトラクションに行きやすい場所にある。

Dar Al ArkanのZiad El Chaar副会長は「エリー・サーブ氏はデザイン分野で世界的な先駆者であり、われわれの心をとらえる独自で美しいデザインで称賛されている。この種のものとしては初のコラボレーションを通して、われわれはアラブ世界の2つの影響力を持ち込み、顧客に新たなレベルの現代デザインと高級な暮らしを紹介していく。このパートナーシップは、王国の不動産分野を真に世界レベルにまで強固にしていくと当社の目標を明確に示す」と語った。

エリー・サーブ氏は「私はこれまで、自分のビジョンを完全なものとするために不動産プロジェクト開発と家具・ホームコレクションの創出を通じて自分のライフスタイルを置き換える建築とライフスタイルの表現に向け、仕事をしてきた。今日、エリーサーブは、独自で永遠の体験を提供する総体的なアプローチに到達した。当社ブランドのDNAを具現化し、暮らしのすべての側面に触れる高品質のプロジェクトを開発していく当社の大望を支援するのに、新しいパートナーであるDar Al Arkanが完全に適合していると確信する」と語った。

ELIE SAAB MAISONの立ち上げにより、エリーサーブ・ブランドは家庭とホスピタリティープロジェクト向けの高級家具と内装品コレクションに進出する。

購入見込み客は、Dar Al Arkanのウェブサイト(https://www.daralarkan.com/landing/eliesaab )上にエリーサーブ・ビラプロジェクトに関心がある旨を登録することができる。

ソース:Dar Al Arkan



プレスリリース詳細へ https://kyodonewsprwire.jp/release/202105064562
提供: