和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2021年06月17日(木)

『薬用クレベリンクリーナー 犬猫用』*)、動物用医薬部外品として製造販売承認取得

*) 特許長期濃度保持型 二酸化塩素ガス溶存液

2021年5月6日
大幸薬品株式会社

大幸薬品株式会社(本社:大阪市西区、代表取締役社長:柴田高、以下、大幸薬品)は、此度、特許長期濃度保持型の二酸化塩素ガス溶存液を使用した製品(名称: 『薬用クレベリンクリーナー 犬猫用』)が、犬猫用の動物用医薬部外品としての製造販売承認を農林水産省から取得したことをお知らせします。外部機関である一般財団法人生物科学安全研究所(旧:財団法人 畜産生物科学安全研究所)(神奈川県相模原市)の協力のもと、動物用医薬部外品 (犬猫用)としての承認取得に必要な試験を行い2021年4月26日に正式に承認が得られました。

 *****《動物用医薬部外品 製造販売承認品目の概要 》 *****
【名  称】薬用クレベリンクリーナー 犬猫用
【主  剤】二酸化塩素130 ppm
【容器容量】150mL
【有効期間】3年
【効能又は効果】犬猫の耳内の洗浄及び汚れの除去、耳内の殺菌消臭、犬猫の足の殺菌消臭 (注)
【用法及び用量】
(1) 耳内:
1週間に1度、1耳内に約2~3 mL(耳道を満たす十分量で、品種や犬猫の大きさで調整する:1プッシュ1 mL)を注入し、親指及び人差し指で耳根部を軽く押して約30~40秒間マッサージする。液を耳内表面に十分行きわたらせた後、脱脂綿等で耳内の薬液を優しく拭き取る。耳内が著しく汚れている場合には(耳垢が外耳道を満たしている場合等)、使用しないこと。なお、効果が不十分なときは2日連続で使用可能。
(2) 足:
1日1回、猫の場合約2~10 mL、犬の場合約5~10 mL(品種や犬猫の大きさで調整する:1プッシュ1 mL)を清浄な布やペーパータオル等に取り(布やペーパータオル等が十分に湿り、絞っても液が滴り落ちない程度)又は適量噴霧し、足の掌(裏)、指(趾)間を拭う。

(注)新効能: 犬猫の足の殺菌消臭
 *********************************************************



プレスリリース詳細へ https://kyodonewsprwire.jp/release/202105064567
提供: