和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2021年10月17日(日)

母の日にいかが 印南の農園でカーネーション狩り

ビニールハウスで栽培されているカーネーション(和歌山県印南町宮ノ前で)
ビニールハウスで栽培されているカーネーション(和歌山県印南町宮ノ前で)
 和歌山県印南町宮ノ前の西山農園は、母の日に向けた出荷が終わったビニールハウスで8~16日の午前9時~午後3時「カーネーション狩り」を実施する。

 価格は20本で500円、以降は1本30円。事前の予約は要らない。雨天の場合も実施するが、長靴を持参すること。各自に新型コロナウイルス対策も呼び掛けている。

 家族で西山農園を運営する西山徹さん(61)によると、カーネーションはビニールハウス計20アールで栽培。赤やピンク、紫、オレンジ色などの7品種があり、花びらの形などで雰囲気も異なる。収穫は例年10~5月にするが、最も需要がある母の日向けの収穫がこのほど終了。一晩水につけた後に選別し、切り花としてJAを通じて大阪の市場に出荷した。

 カーネーション狩りに関する問い合わせは、共栄花の里産品所(0738・43・0340)へ。