和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2021年08月06日(金)

ひょうと強風被害、梅などで1億6千万円 和歌山県

 和歌山県は7日、1日に降ったひょうや強風による農作物被害は、みなべ町や田辺市など7市町で計1億6418万1千円(6日時点)になると発表した。

 被害は梅が最も多く、ひょうや強風により、梅の実に傷が付いたり、落果したりした。面積は1284ヘクタールで額は1億4768万6千円に上った。内訳は、みなべ町1億3366万1千円、印南町742万4千円、田辺市601万3千円。

 ウスイエンドウのひょうによる傷被害は、日高川町や印南町、御坊市で1470万8千円。日高川町でズッキーニがひょうによる傷被害があり、美浜町やかつらぎ町ではパイプハウスの被覆資材の破損があった。