和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2019年08月18日(日)

海西モンゴル族チベット族自治州での投資・貿易フェアが235億元相当のプロジェクトを生む

海西モンゴル族チベット族自治州での投資・貿易フェアが235億元相当のプロジェクトを生む

AsiaNet 79396 (1168)


【西寧(中国)2019年6月26日新華社=共同通信JBN】中国共産党海西モンゴル族チベット族自治州委員会宣伝部によると、中国北西部・青海省の海西モンゴル族チベット族自治州の持続可能な発展を特集する3日間にわたる投資・貿易フェアは、6月22日閉幕した。

このHaixi Sub-Fair of 20th Qinghai China Investment and Trade Fair for Green Developmentでは78件のプロジェクト、総額234億9000万元(34億2000万米ドル)が調印された。これらのプロジェクトは、化学(塩)、新素材、機器製造、観光など多くの分野をカバーしている。

これらの中で、ツァイダムの循環経済パイロットゾーンに関連するプロジェクトは合計で138億4000万元に達した。

同自治州党委員会書記でツァイダムの循環経済パイロットゾーン責任者でもあるウェン・グオドン氏は、循環型経済の発展は、海西が質の高い発展を実現する上で不可欠であり、地元政府は、投資誘致のためより良いビジネス環境の強化に取り組むと語った。

今回のフェアは、国家発展改革委員会、商務省、生態環境省による循環経済推進のための3カ年行動計画の開始を受けて行われた。

ソース:The Publicity Department of the CPC Haixi Mongolian Tibet Autonomous Prefecture Committee



プレスリリース詳細へ https://kyodonewsprwire.jp/release/201906278027
提供: