和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2021年06月24日(木)

大三萬年堂の十三代目 安原伶香氏とのコラボレーション第3弾! ハイアットリージェンシー東京、酒粕香る和のレモンケーキ「檸檬と酒粕のけーくしとろん」を新発売

お土産やご自分へのご褒美も!おうち時間を優雅なティータイムに


ハイアット リージェンシー 東京(所在地:東京都新宿区西新宿 2-7-2、総支配人:稲葉雅之)では、江戸中期創業で約360年の歴史を誇る老舗和菓子店 大三萬年堂の新ブランド「大三萬年堂 HANARE」とのコラボレーションにより生まれた和のレモンケーキ「檸檬と酒粕のけーくしとろん」を5月10日(月)から「カフェ」とホテルオンラインショップにて販売いたします。








[画像1]https://user.pr-automation.jp/simg/1769/47349/600_400_202105101318536098b42d029c6.jpg



「檸檬と酒粕のけーくしとろん」イメージ




パティシエとしてフランスで2度の入賞経験を持つペストリー・ベーカー料理長 佐藤浩一と、江戸中期創業で約360年の歴史を誇る老舗和菓子店 大三萬年堂の十三代目 安原伶香氏とのコラボレーション第3弾として、酒粕香る和スイーツ「檸檬と酒粕のけーくしとろん」が登場します。

2020年より和と洋のハイブリッドスイーツというコンセプトでコラボレーションを開始し、大好評を博した「和まかろん」や「あんガレット・デ・ロワ」に続き、今回は「本当に美味しい和のレモンケーキ」をミッションに開発しました。味はもちろんのこと、風味や食感、くちどけまで細部にまでこだわった逸品です。

温暖な気候で育った地中海産のレモン果汁を使用し、酒粕を加えて奥深さをプラスした生地に、まろやかな酸味と清涼感たっぷりの香り高さが特徴のオリジナルレモンコンフィを包み込んで焼きあげました。口に入れると、爽やかなレモンの風味と酒粕の上品でほのかな香りが感じられます。砂糖にはミネラル分の多い和三盆糖を使用し、白あんとアーモンドパウダーを加えて練り込むことで、独特のしっとりなめらかな舌触りが楽しめるよう仕上げています。

これから迎える暖かい季節にぴったりの、さっぱりとした風味が美味しい「檸檬と酒粕のけーくしとろん」は、和を基調にレモンをあしらった可愛らしいデザインのパッケージでご提供。ご自分へのご褒美や大切な方へのプレゼントにもおすすめです。


「檸檬と酒粕のけーくしとろん」 概要
【期間】2021年5月10日(月)より通年

【場所】
「カフェ」(ロビーフロア・2F)
下記オンラインショップ、「大三萬年堂 HANARE」でもお買い求めいただけます。
URL:goo.gl/Huq6NK

*大三萬年堂 HANARE 店舗情報
住所:〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町2丁目2−105 ワテラスアネックス 105
営業時間:11:00~19:30 (月~日・祝日)
電話番号:03-6206-8857
URL:http://d3hanare.tokyo/

【提供時間】「カフェ」 10:00~19:00 *営業時間は変更になる場合があります。

【料金】
1個 0 (486)
4個入り ,800 (1,944)
6個入り ,700 (2,916)

【一般の方からのお問い合わせ】
レストラン総合案内まで
11:00~19:00 T 03 3348 1234(代表)




プレスリリース詳細へ https://user.pr-automation.jp/r/47349
提供: