和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2021年12月09日(木)

道路またぐ橋の撤去進む 田辺市の新庁舎建設工事

新庁舎の建設に向け、撤去工事が進む跨道橋。右側は解体工事が進む既存商業施設(和歌山県田辺市で)
新庁舎の建設に向け、撤去工事が進む跨道橋。右側は解体工事が進む既存商業施設(和歌山県田辺市で)
 和歌山県田辺市は新庁舎建設に向け、予定地の北側にある交差点の改良工事を進めている。国道424号から予定地への進入は、立体交差から平面交差に変更する。現在、既存の跨道(こどう)橋を撤去する作業が本格化している。

 新庁舎の予定地は、同市東山1丁目の総合スーパー「オークワオーシティ田辺店」と「紀伊田辺シティプラザホテル」の跡地。市は現在、両施設の解体工事に取り組んでいる。

 跨道橋は1982年のスーパー建設時、同市稲成町方面から進入するための専用ルートとして設けられた。耐震性能を満たしておらず、車道の曲線半径なども現在の道路構造令基準に適合していないため、撤去することになった。

 まずは橋のコンクリート部分を取り除き、鉄製の骨組みにした上で、夏ごろに大型クレーンを使って取り去る予定。

 交差点改良工事の工期は来年3月末まで。期間中、夜間通行止めなどの交通規制がある。