和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2022年05月26日(木)

新たな複合遊具登場 上富田町の市ノ瀬河川公園

市ノ瀬河川公園に整備された複合遊具と看板(上富田町市ノ瀬で)
市ノ瀬河川公園に整備された複合遊具と看板(上富田町市ノ瀬で)
 上富田町市ノ瀬の富田川沿いにある市ノ瀬河川公園に、町教育委員会と地元の「市ノ瀬財産区」が新しい複合遊具を整備した。

 複合遊具は、3~6歳用と6~12歳用のすべり台などの遊具が組み合わさっている。事故を防ぐための安全な遊び方などを案内する看板も設置し、4月末に完成した。

 公園にはもともと幼児用の遊具などがあり、地元の子どもや、近くのグラウンドを利用する家族連れらが訪れることも多かったという。市ノ瀬財産区の副議長を務める池口公二さん(65)は「子どもからお年寄りまで利用してもらい、地域の憩いの場にしていけたらうれしい」と話した。

 公園には昨年、池口さんが代表を務める「市ノ瀬・下鮎川環境づくりグループ」が藤棚やシバザクラの花壇を整備した。