和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2021年06月22日(火)

ペンギンの赤ちゃん誕生 白浜のアドベンチャーワールド

25日に生まれたフェアリーペンギンの赤ちゃん(アドベンチャーワールド提供)
25日に生まれたフェアリーペンギンの赤ちゃん(アドベンチャーワールド提供)
 和歌山県白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」で25日、フェアリーペンギンの赤ちゃんが誕生した。元気に鳴き、保育器の中で動き回っているという。同施設でフェアリーペンギンの赤ちゃんが誕生するのは初めて。

 国内でフェアリーペンギンを飼育しているのはこの施設を含め5施設のみ。特定の遺伝子に偏ってしまうという問題があり、遺伝的多様性を保つため、14日に葛西臨海水族園(東京都)から有精卵3卵を搬入した。人工ふ化させるためのふ卵器で保温し、見守っていた。残りの2卵のうち、1卵は死んでしまったが、もう1卵は今後、ふ化する予定だという。

 生まれた赤ちゃんは体重35・7グラム。性別は不明。黒い毛に覆われている。27日から「ペンギン王国」で公開。

 アドベンチャーワールドで暮らす同種は、今回生まれた赤ちゃんを含めて4羽。今後は施設内での繁殖を進めていくという。