和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2022年08月10日(水)

奇絶峡付近の通行止め解除 夜間は継続

通行できるようになった奇絶峡付近を通る県道の仮設道路(29日、和歌山県田辺市上秋津で)
通行できるようになった奇絶峡付近を通る県道の仮設道路(29日、和歌山県田辺市上秋津で)
 落石の恐れがあるとして県が15日から全面通行止めにしていた和歌山県田辺市上秋津、奇絶峡付近の県道田辺龍神線は、29日午前10時から時間制限で通行できるようになった。時間は午前6時~午後7時で片側交互通行にしている。夜間は通行できない。

 2019年7月下旬に大規模な斜面崩壊があった場所。20年3月下旬に対岸に仮設道路を設置し、通行可能にしていた。県は今月15日にあった落石の後、全面通行止めにし、土のうと防護柵を設置するなどの応急措置をしてきた。

 崩落現場の周辺地域では、梅の収穫、出荷の時季を迎えている。普段なら出荷するために10トントラックが行き交うが、地元住民によると近くの回り道では4トントラックしか通れないことから、早期通行止め解除を求める声が関係者から上がっていた。

 JA紀南秋津川生産販売委員長の山本晃一さん(57)は「回り道では、運賃と時間がかかるので、梅関係者はとても心配していた。崩れた山の状態を見て今シーズンは通行するのが無理かと諦めていたが、出荷の最盛期に間に合ったので、非常にありがたい」と喜んでいた。

 県担当者は「林野庁と情報を共有して安全を確認しながら、当面は今の状態を続けていきたい」と話した。