和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2021年10月17日(日)

コロナで男女2人死亡 和歌山県、新規感染は2人

 和歌山県は9日、県内で新たに2人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。また、新宮保健所管内の男性と和歌山市の女性の死亡を確認した。

 亡くなった新宮保健所管内在住の60代男性は5月3日に発症。6日に入院、7日に酸素投与を開始し、19日から集中治療室で治療を受けていた。6月8日に死亡した。

 和歌山市在住の70代女性は5月7日に発症。19日に入院し、酸素投与を開始したが状態が悪化し、6月9日に死亡した。2人とも基礎疾患があった。

 新たに感染が分かったのは大阪府の介護事業所に勤務する橋本保健所管内在住の40代男性と、和歌山市在住の10代会社員女性。

 入院者は31人で、病床使用率は6・60%となった。