和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2021年08月06日(金)

欧州委員会とOne Young Worldが今年の平和アンバサダーを発表

AsiaNet 89996 (1300)

【ロンドン2021年6月9日PR Newswire=共同通信JBN】
*One Young Worldが欧州委員会との共同スキームで、国際社会の暴力的な過激主義の対策と予防に努めた新平和アンバサダー50人を発表
*平和アンバサダーは2021年7月、ミュンヘンのOne Young Worldが主催する世界最大の次世代リーダー向けサミットに出席

欧州委員会とOne Young Worldは9日、最新の平和スカラシッププログラム受益者を発表した。このイニシアチブは、世界の次世代リーダーが暴力的な過激主義を予防、対抗して平和を構築し、紛争解決を促進する取り組みをサポートしている。

平和アンバサダーは毎年、エルサルバドル、ホンジュラス、北朝鮮などの国々における平和構築貢献が認定される。One Young World平和アンバサダーのプログラムは次世代リーダーが自身の活動を紹介して人脈を築き、イニシアチブを維持するうえで役に立つ比類のないプラットフォームを提供している。

平和アンバサダーはOne Young Worldの年次サミットに出席する。今年はミュンヘンで開催される。世界的な新型コロナウイルスのパンデミックを受けて、平和アンバサダーはデジタル方式でサミットに参加することも可能である。

認定された平和アンバサダーの一部は以下の通り:

*Htet Lynn Oo氏(ミャンマー):Myanmar Youth for Peace Developmentの創設者兼ディレクター
*Aida Maria Betancourt Siman氏(エルサルバドル):政治活動家。エルサルバドルで市民社会運動を先導
*Jhanisse Vaca Daza氏(ボリビア):ボリビアで人権と環境権に焦点を当てる非暴力市民運動組織Ríos de Pieの共同創設者

One Young World共同創設者のKate Robertson、David Jones両氏は「これらの次世代リーダーは、内外の緊張が次第に高まっている時期に平和を促進するため、世界中で活動している。このグループは、次世代の人々が暴力と経済的、社会的、人道的紛争に立ち向かう力の好例である。われわれは欧州委員会と再び協力して、平和アンバサダーをサポートできること、これらの仲間が世界最大の次世代リーダー結集に関わるOne Young Worldサミットに出席することを喜んでいる」と語った。

▽One Young Worldについて
One Young Worldは若い指導者のグローバルフォーラムで、年1回のOne Young World サミットは196カ国の最も有能な若い人材を招集して、社会的影響の加速に取り組む。One Young Worldの使命は、より責任のある効果的なリーダーシップによって、よりよい世界を実現することである。これまで、One Young Worldアンバサダーは3040万人の生活に影響を与えてきた。

ソース:One Young World

▽問い合わせ先
Lewis Bendall-Craft
+44 (0)7931 873 950
Lewis.Bendall-Craft@wearesevenhills.com



プレスリリース詳細へ https://kyodonewsprwire.jp/release/202106096080
提供: