和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2021年06月16日(水)

フォーバルを「令和3年度JAPANブランド育成支援事業」の「支援パートナー」に選定!

~中小企業の海外販路開拓・拡大、海外展開を支援~


企業経営を支援する次世代経営コンサルタント集団で、中小企業のDXアドバイザーのリーディング・プレーヤーである株式会社フォーバル(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:中島 將典、以下「フォーバル」)は、中小企業庁より「令和3年度JAPANブランド育成支援事業」において「支援パートナー」に選定されました。

「JAPANブランド育成支援事業」は、海外展開やそれを見据えた全国展開のために、新商品・サービスの開発・改良、ブランディングや、新規販路開拓等の取り組みを中小企業が行う場合に、その経費の一部を補助することにより、地域中小企業の域外需要の獲得を図るとともに、地域経済の活性化及び地域中小企業の振興に寄与することを目的とするものです。

また、「支援パートナー」とは、中小企業が海外販路開拓等を行う上で必要となるさまざまな活動をサポートできる民間事業者等のうち、「支援パートナー」として中小企業庁が選定・公表した事業者で、本補助金に応募する中小企業は自らの販路開拓に資する「支援パートナー」を選択し、「支援パートナー」と相談して事業計画を策定する必要があります。

フォーバルは、海外拠点があるベトナム、インドネシア、カンボジア、ミャンマーのほか、シンガポール、タイ、マレーシア、台湾、香港等においては、現地パートナー企業と連携し、日本の中小・中堅企業の海外販路開拓・拡大、海外展開支援を行っています。
 また、新型コロナウイルス感染症の防疫体制が各国で敷かれる状況化においては、従来の顧客支援スタイルに加え、オンラインツール等を適宜活用した「オフライン・オンラインでのハンズオン型海外販路開拓支援」を強化しています。

「令和3年度JAPANブランド育成支援事業」では、「支援パートナー」として海外拠点及び連携パートナー等のネットワークやノウハウ等を活用し、本制度を活用する中小企業の海外販路開拓・拡大、海外展開を支援していきます。

【支援内容】
1. 「食料品・飲料」の海外販路開拓支援(シンガポール・香港・カンボジア向け)
   ※越境EC及び現地での販路開拓活動を通じた支援
2. 「食料品・飲料」の海外販路開拓支援(ベトナム・インドネシア・カンボジア・台湾・タイ・マレーシア向け)
※各種規制や商品登録等が必要な国を対象とする販路開拓支援
3. 工業製品の販路開拓(生産委託先開拓含む)支援
   ※主にベトナム・インドネシア・カンボジアが対象

フォーバルは、中小・中堅企業の海外販路開拓・拡大、海外展開を支援するために、今後も事業基盤の強化に積極的に取り組んでいきます。

■補助事業者(中小企業)公募用ページ
https://www.chusho.meti.go.jp/shogyo/chiiki/japan_brand/2021/21041502Jbrand-koubo.html


本件のお問い合わせ先
フォーバル 海外ディビジョン 事業企画統括部
TEL:0120-952-008
Eメール:fgb1@forval.co.jp


フォーバルについて
企業経営を支援する次世代経営コンサルタント集団で、中小企業のDXアドバイザーのリーディング・プレーヤーであるフォーバル(資本金:41億50百万円、東証一部上場【証券コード:8275】)は、中小・中堅企業を対象に「情報通信」「海外」「環境」「人材・教育」「起業・事業承継」の5分野に特化したコンサルティングサービスをコアビジネスとしています。


本件に関するお問合わせ先
フォーバル 広報室
山田 晃之、萩原 啓一、空 義博
kouhou@forval.co.jp


プレスリリース詳細へ https://user.pr-automation.jp/r/48308
提供: