和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2021年08月06日(金)

Qynapse、 第7回欧州神経学アカデミー会議にて、アルツハイマー病と多発性硬化症のQyScore(R) 治験結果を発表

AsiaNet 90060

ボストン, 2021年6月15日 /PRNewswire/ -- QYNAPSEは、医療テクノロジー会社で、最も先進的な人工知能神経画像プラットフォームであり、本日、 第7回欧州神経学アカデミー会議(EAN)にて、アルツハイマー病と多発性硬化症のQyScore(R) 臨床データを提供すると発表しました。2021年6月19日~22日にかけて開催されます。

QyScore(R)https://www.qynapse.com/qyscore-software/ ) プラットフォームは、FDAとCEマークの承認済み、神経変性と神経炎症、医師によってアクセス可能な先進的視覚化機能である、広範囲なポートフォリオ自動定量化を提供します。 QyScore(R) は、アルツハイマー病と多発性硬化症、パーキンソン病、他の神経疾患の迅速な臨床判断、タイムリーな診断と正確なモニタリングを支援し、健康対照の大型規格データセットで患者結果を自動比較し統合します。

EAN 会議では、エンリカ・カヴェド博士がQynapseをリードします。"アルツハイマー病臨床スペクトラムMRIにおいて、QyScore(R) の診断精度" と題して発表を予定しており、日時は、2021年6月20日、午前6時5分(東部標準)/12時5分(英国標準)です。 さらに、フィリップ・トランQynapseR&D科学者が、"複数の動脈硬化症患者における、脳容積の変化:というタイトルで行います: QyScore(R) 規範的データ比較"についての日時は、 2021年6月20日、午後13時30分(東部標準)/19時30分(英国標準)です。

"私たちは、EAN会議で、新しいデータQyScore(R) を発表できることを喜ばしく思っています。複数の動脈硬化症、軽度認知障害、アルツハイマー病患者の進行状況を診断と評価の臨床価値を示します"と、Qynapse最高責任者であるオリヴィエ・クレージュ氏は述べました。 "アルツハイマー病のため、FDA of ADUHELM(アデュカヌマブ)によって承認され、私たちは、神経画像の今後の展開に取り組むことを嬉しく思い、治療開始と有効性と安全性のモニタリングを支援します。 私たちは、EANイベントを通じて、この分野の専門家と最新の進歩を共有し、議論することを楽しみにしています。"

QYNAPSE Inc.について:

QYNAPSEは、神経疾患患者の診断、モニタリングを最適化するために、定量的イメージングと人工知能の可能性を最大化するマーケット・ソリューションを開発する医療技術企業です。 QYNAPSEは、治験において、対象となる患者選定をさらに良くするためのAI予測技術であるQyPredict(R) 開始、臨床ルーティーンと世界的治験のための自動定量化とイメージング・マーカーの QyScore(R) ソフトウェアをマーケティングしています。

QYNAPSEは、フランス、米国、カナダに本社を置いています。

www.qynapse.com

ロゴ - https://mma.prnewswire.com/media/1333172/Qynapse_Logo.jpg

Yse Salle de Chou (QYNAPSE) / ysalledechou@qynapse.com / +33 6 95 12 33 32

(日本語リリース:クライアント提供)



プレスリリース詳細へ https://kyodonewsprwire.jp/release/202106156303
提供: