和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2019年07月16日(火)

巨大スライダー楽しんで 全長100メートル、白良浜に設置

白良浜に設置される巨大なウオータースライダー
白良浜に設置される巨大なウオータースライダー
 和歌山県の白浜町商工会青年部(坂上力部長)は7日、白良浜に高さ10メートル、全長100メートルの巨大なウオータースライダーを設置する。創部50年の記念事業として企画。青年部では「訪れる方々の記憶に残るイベントになればいい」と話している。

 「白良浜の活性化事業としてインパクトのあることをしよう」と考えた。このスライダーは空気を入れて膨らませる。海とは接しないように置き、浜のT型突堤(南)側から中央部に向かって滑ってもらうという。遊具の販売、貸し出し事業などを展開する宮崎県の企業から借りる。

 青年部の坂上部長(38)は「1日限定だが、地元の子どもたちが『楽しい一日だった』と思ってもらえるようにしたい」と話している。

 利用は午前10時~午後3時で、無料。1人で滑ることができない場合は利用できない。浮輪に乗って滑る。

 巨大スライダーの横には、子ども用として別のスライダー二つを置く予定。

 白良浜にウオータースライダーが設置されるのは初めてとみられる。白良浜は1日から海水浴場開きしている。