和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2021年07月25日(日)

三井アウトレットパーク ジャズドリーム長島「笑顔の花を咲かそう ジャズカサ2021」開催。ビニール傘のアップサイクルや医療従事者へ向けた支援でSDGsの実現にも貢献

三井不動産株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:菰田正信)および長島観光開発株式会社(本社:三重県桑名市、代表取締役社長:水野正信)は、6月25日(金)~8月9日(月・休)までの期間、「三井アウトレットパーク ジャズドリーム長島」(所在:三重県桑名市)(以下、「MOPジャズドリーム長島」)にて、カラフルな傘で館内を装飾する「笑顔の花を咲かそう ジャズカサ2021」を開催いたします。

開催3回目となる今年の「ジャズカサ」は、館内装飾だけでなく会期終了後の傘のアップサイクルや医療従事者支援を目的としたチャリティキャンペーンの実施など、SDGsの実現を目指すための新しい取り組みを実施いたします。

日本では、1年間で消費されるビニール傘の大多数にあたる約8,000万本がリサイクルされずに廃棄されていると言われています。分解のしにくさからリサイクルが難しく、多くが埋め立て処理または焼却処分されているのが現状です。「ジャズカサ2021」を通してビニール傘という身近なアイテムを使い捨てせず無駄なく使う姿勢を発信することにより、循環型社会の実現にむけた問題意識をもつきっかけとなることを目指します。



[画像1]https://user.pr-automation.jp/simg/407/48663/600_277_2021062214362260d176d687f8a.jpg


<本リリースのポイント>
「ジャズカサ2021」を通し、循環型社会の実現にむけた問題意識をもつきっかけづくりを目指す
・三重県近隣の子ども達と地域一体となって創り上げる、思わず見上げたくなるカラフルな傘装飾
・会期終了後の傘をサステナブルなバッグへとアップサイクルし、資源の利用価値を最大限にひろげる取り組み
・医療従事者支援を目的としたチャリティキャンペーンの実施。キャンペーン期間中のSNSへの投稿数×100円の金額を三重県団体へ寄付

笑顔の花が咲く、思わず見上げたくなるカラフルな傘の館内装飾
館内3箇所にカラフルな傘で装飾した、思わず見上げたくなるフォトジェニックな世界が出現します。

三重県桑名市内にある七和保育園、長寿認定こども園の園児たちや、三重県近隣の「三井ショッピングパーク ららぽーと名古屋みなとアクルス」(所在:愛知県名古屋市)、「三井ショッピングパーク ららぽーと愛知東郷」(所在:愛知県東郷町)にご来館の子ども達と地域一体となって制作した「花」モチーフのカラフルな傘が館内を彩ります。

また、コロナ禍のマスクにより表情が見えない世の中で笑顔を広げる活動をしている「NPO法人MERRY PROJECT」とタイアップした世界各地の子ども達の笑顔とメッセージがプリントされたフラッグが、館内エントランス2箇所でお客さまをお迎えいたします。



[画像2]https://user.pr-automation.jp/simg/407/48663/600_476_2021062214362660d176da192d0.PNG

「笑顔の花を咲かそう ジャズカサ2021」ワークショップ実施の様子

■「NPO法人MERRY PROJECT(メリープロジェクト)」 概要
メリープロジェクトは「笑顔は世界共通のコミュニケーション」をテーマに、アート・デザインの力でMERRY(楽しいこと、幸せなとき、将来の夢など)の輪を広げるコミュニケーションプロジェクトです。

公式ホームページ: http://www.merryproject.com/

「ジャズカサ2021アップサイクルバッグプロジェクト」
廃棄されるビニール傘を再利用したサステナブルなバッグづくり

館内を彩ったカラフルな傘は、会期終了後にサステナブルなバッグへと生まれ変わります。廃棄されるビニール傘からバッグなどを生産している「PLASTICITY」と連携し、※キャンペーンの詳細については決定次第、MOPジャズドリーム長島の施設ホームページ(添付資料(2)参照)にてお知らせいたします。

「PLASTICITY」のアイテムは、日本各地で回収した傘を解体・洗浄した後、傘の形状のまま数枚を重ねて特殊な圧着加工した生地を使用しています。大きさや厚み、波打ちなど、素材はそれぞれ異なり、このような扱いの難しい素材が国内の高い技術力のある職人の手で圧着・裁断・縫製され、トートバッグやサコッシュバッグなどに生まれ変わります。

循環型社会の実現にむけた問題意識をもつきっかけとして、廃棄物や不要になったものを捨てるのではなく、新しい価値を付加し資源の利用価値を最大限にひろげる取り組みを実施いたします。



[画像3]https://user.pr-automation.jp/simg/407/48663/600_260_2021062214362760d176db53bbb.PNG


■「PLASTICITY(プラスティシティ)」 概要
株式会社モンドデザイン(本社:東京都港区、代表取締役:堀池洋平)と、クリエイター齊藤明希が共同開発をし、世界初となる日本で捨てられたビニール傘をそのままの状態で再利用するブランド「PLASTICITY(プラスティシティ)」。
「PLASTIC」の問題を抱える「CITY」にフォーカスを当て、今後解決されるべき環境問題が近い将来に解決されるという思いを込めて「10年後になくなるべきブランド」を宣言しています。

公式ホームページ: https://plastcity.co.jp/

「ジャズカサ2021 チャリティSNSフォトキャンペーン」
新型コロナウイルスと戦う医療従事者への支援

長引く新型コロナウイルス感染症への対応で逼迫する医療現場で戦い続ける医療従事者への感謝や応援の気持ちを伝え、支援することを目的としたチャリティキャンペーンを実施いたします。

館内のジャズカサエリアを撮影し、指定のハッシュタグ(「#ジャズカサ2021」「#ジャズドリーム長島」)と医療従事者へのメッセージを添えてインスタグラム、もしくはツイッターで投稿していただきます。キャンペーン期間中の投稿数×100円の金額を医療従事者への支援として、「三重県/新型コロナ克服 みえ支え“愛”募金」へ寄付いたします。

寄付金は募金団体を通じ、医療現場の最前線にいる医療従事者の方々が安全に業務を行うために必要な感染防止対策の強化、医療機関での検査や治療の環境改善などに使われます。

その他にも笑顔の輪を広げるイベントやキャンペーンを開催
MERRY PROJECTとタイアップしたオープニングパレードやワークショップ、MOPジャズドリーム長島のお買物・お食事券が当たるキャンペーンなど、期間を通してお客さまに楽しんでいただけるイベントを開催いたします。
イベントの詳細は、同日付の三井不動産商業マネジメント社リリースをご参考ください。

三井不動産商業マネジメント社ホームページ https://www.mf-shogyo.co.jp/

「笑顔の花を咲かそう ジャズカサ2021」開催概要
開催期間:2021年6月25日(金)~8月9日(月・休)
開催場所:三井アウトレットパーク ジャズドリーム長島
特設HP:https://mitsui-shopping-park.com/mop/nagashima/special/2106_jazzkasa/

※館内MAP

[画像4]https://user.pr-automation.jp/simg/407/48663/600_358_2021062214363060d176de62b27.PNG


「三井アウトレットパーク ジャズドリーム長島」概要
所在地:三重県桑名市長島町浦安368ほか

交 通:
<車>
伊勢湾岸自動車道「湾岸長島IC」よりすぐ
東名阪自動車道「長島IC」より約15分
<公共交通機関>
名古屋駅(名鉄バスセンター)発長島温泉行きバスで約50分
または近鉄名古屋線・JR関西本線「桑名駅」よりバスで約20分

開業年月:2002年3月
敷地面積:約54,900m2
延床面積:約70,000m2
店舗面積:約45,700m2
店舗数※:約300店舗
構造規模:鉄骨造地上2階建て
駐車台数:約13,000台(「ナガシマスパーランド」と共用)
設計・施工:三井住友建設株式会社
ホームページ:https://mitsui-shopping-park.com/mop/nagashima/
運営管理:井不動産商業マネジメント株式会社

新型コロナウイルス感染拡大防止対策
三井不動産グループが運営する商業施設では、新型コロナウイルス感染拡大防止のため下記をはじめとした様々な取り組みを実施しております。

■施設の取り組み


[画像5]https://user.pr-automation.jp/simg/407/48663/300_338_2021062214434060d1788c58013.png


■お客様へのお願い


[画像6]https://user.pr-automation.jp/simg/407/48663/300_542_2021062214434160d1788d9bef1.png


三井不動産グループのSDGsへの貢献について
https://www.mitsuifudosan.co.jp/corporate/esg_csr/
三井不動産グループは、「共生・共存」「多様な価値観の連繋」「持続可能な社会の実現」の理念のもと、人と地球がともに豊かになる社会を目指し、環境(E)・社会(S)・ガバナンス(G)を意識した事業推進、すなわちESG経営を推進しております。当社グループのESG経営をさらに加速させていくことで、日本政府が提唱する「Society 5.0」の実現や、「SDGs」の達成に大きく貢献できるものと考えています。
*本リリースの取り組みは、SDGs(持続可能な開発目標)における4つの目標に貢献しています。

目標 3 すべての人に健康と福祉を
目標11 住み続けられるまちづくりを
目標12 つくる責任 つかう責任
目標17 パートナーシップで目標を達成しよう



プレスリリース詳細へ https://user.pr-automation.jp/r/48663
提供: